世界初!光合成細菌による放射能除染の実用化に成功した広島国際学院大学教授・佐々木健の全業績(学位論文・著書・学術研究論文等)のご紹介。

お問い合わせ バイオ放射能研究所 広島市安芸区中野六丁目20−1
広島国際学院大学
地域連携センター内
MAIL:info@biohotlab.com

佐々木健の学位論文・著書

No. 学位論文名・著書名 著者名 発行又は
発表の年月日
発行所、発表雑誌等又は
学会発表等の名称
概要
  学位論文
光合成細菌
Rhodopseudomo- nas sphaeroides Sの
増殖特性とその応用に関する研究
佐々木 健 1980/3 広島大学工学部
大学院工学研究科
博士課程論文
紅色非硫黄光合成細菌Rhodopseudomonas sphaeroides Sの好気、嫌気、光合成増殖における増殖特性を明らかにした。これらを利用し、本菌を食品工場廃液処理に応用し、さらに菌体を飼料やビタミンB12、カロチノイドの原料として利用する基礎技術を確立した。本技術は現在一部の企業で実用化されている。
光合成細菌
(分担執筆)
「有効電子当量を基準とした増殖特性の評価」
西澤 義矩
佐々木 健
永井 史郎
1984/12 学会出版センター
北村博,森田茂慶,
山下仁平編
P88-92
本書は光合成細菌の生理と応用に関する本邦初の本格的学術書である。第U−4章を分担執筆した。光合成細菌の増殖収率を有効電子を基準にして評価する手法につき解説した。
広島・中国路水紀行 佐々木 健 1989/6 渓水社 中国地方、広島周辺の名水および温泉を探訪し、水質分析を行い、この地方の水環境の実績を明らかにした。また、名水の保全活動を通じて、自然の大切さ、緑の大切さを指摘している。電大銘水研究会の努力の結晶であり、かつユニークなフィールドワークでもある。新聞、TV、雑誌などで全国的にも照会された。
非化学系技術者のための化学実験 佐々木 健
藤野 卓三
1990/3 学術図書出版 化学を専攻しない学生、技術者のために、JISの化学実験法が最低限理解できるように、種々の化学実験操作法をイラスト入りでわかりやすく解説した。
静岡大、東京の高専等でもテキストとして使用されている。
Bioconversion of Waste
Materials to Industrial Products.
(分担執筆)
「Use of Photosynthetic bact-
eria on the Production of SCP and Chemicals from Agro- industrial Waste」
Sasaki, K
Noparatnara-porn, N
Nagai, S
1991/10 ELSEVIER
Science Publisher
Chapter 7, P223-262
Martin, A. M. eds.
廃棄物を有用なバイオマスに変換するための種々の研究をまとめた成書。
Chapter 7を分担執筆した。光合成細菌を用いた農産および畜産廃棄物を有効に利用する技術を総説した。著名なELSEVIER社での出版。
英文40ページ。全世界で販売。
名水紀行
山頭火と旅するおいしい物語
佐々木 健 1992/10 春陽堂 漂白放浪の俳人、種田山頭火は水に関する多くの名句を残している。彼は名水の中でも軟水の名水のみをきき分け、名句をしたためているという仮説を立て、全国の彼の足跡のある名水を分析し、この仮説を検証した。
嫌気微生物学
(分担執筆)
「光合成細菌の生理と生態」
佐々木 健 1993/11 養賢堂
第7章 P145,164
上木勝司,永井史郎編
嫌気微生物の生態と生理をとりまとめた研究成書。
第7章光合成細菌の生理と生態を分担加筆した。
非化学系技術者のための物質化学
―ものをつくる化学―
佐々木 健
鈴木 洸次郎
1994/5 学術図書出版 現代のハイテク工業には素材が重要な役割を占めている。素材をかたちづくる化学の基礎と応用を、物理化学、有機化学、電気化学、物質工学的視点からわかりやすく解説した。
名水を科学する
(分担執筆)
「広島の5名水」
佐々木 健
西村 良司
荒谷 昌弘
1994/10 技報堂出版 広島県の部を分担執筆した。中国地方、特に広島地方の名水の特徴と広島の5名水の水質化学的特徴についてまとめた。
廃棄物のバイオコンバージョン ―有機性廃棄物のリサイクル― 矢田 美恵子
川口 博子
佐々木 健
1996/6 地人書館 廃棄物を有用物質へ変換することを目標にさまざまなバイオコンバージョン技術につき、とりまとめた研究および実用成書。環境問題に対するバイオレメディエーション技術、バイオリアクターについても詳説している。
10 環境用水浄化実例集(1)
(分担執筆)
「光合成細菌(PSBによる養鯉池水の浄化」
佐々木 健 1996/9 パワー社
P31-36
本書は現在の環境用水の実用浄化技術を第一線の研究者、技術者による解説されたもので、4章からなる。176ページの成書。1−6章の光合成細菌を用いた池水浄化技術について解説した。
11 バイオレメディエーションの実際技術(分担執筆「光合成微生物による有用物質生産」 佐々木 健 1996/11 シーエムシー
児玉徹監修
P55-68
光合成細菌を用いた、バイオマス、色素およびCO2固定等、バイオレメディエーション(環境修復)と有用物質生産に関する最近の技術を解説した。
さらに、著者らにより報告されている光合成細菌を用いた水素、ユビキノン、ALAの生産など、有用物質生産についても解説した。
12 Bioconversion of Waste Materials to Industrial Products Second Edition  
(分担執筆「Use of Photosynthetic Bac- teria on the Production of SCP and Chemicals from Agroindustrial Wastes」
共著
Sasaki, K
Tanaka,
TNagai, S
1998/1 BLACKIE A&P
Chapman & Hall
P247-292
Chapter 6 Use of Photosynthetic Bacteria for the Production of SCP and Chemicals from Organic Wastesを分担執筆。1991年のFirst Editionを大きく書き換え、特に光合成細菌によるALA生産と応用を詳述した。
13 BioHydrogen「Hydrogen and 5-amino- levulinic acid Production by Photosynthetic Bacte- ria」 Sasaki, K 1998/12 Plenum Press
P133-392
光合成細菌を用いた水素およびALAの生産とその除草剤、および植物成長促進剤としての利用について、これまでの報告を詳説した。
14 機能水の科学と利用技術
(分担執筆)
「最新の水質評価法とおいしい水の条件」
佐々木 健 1999/2 ウォーターサイエンス
研究会
P381-392
おいしい水といわれる水の評価方法について、著者らのこれまでの名水判定法にもとづく評定方法を詳述した。バイオセンサーによる名水判定法も記述している。
15 続・名水を科学する
(分担執筆)
「隠岐の水」
佐々木 健
西村 良司
荒谷 昌弘
1999/2 技報堂 隠岐の島に分布する名水の歴史、故来由来および伝統と、水質科学分析にもとづく水文学的特徴を総説した。
16 バイオの扉
(分担執筆)
「お酒と名水」
佐々木 健 2000/1 裳華堂P95-103 日本技術士会生物工学部会が出版した本で、14章を分担執筆した。お酒に適した水(醸造用名水)と飲料用名水の特性について、詳しく解説した。
さらに、軟水醸造法や吟醸酒造りに必要な名水の水質についても詳述している。
17 最新日本の酒米と酒造り
(分担執筆)
「日本酒醸造と水」
佐々木 健 2000/1 養賢社P243-253 お酒に適した水を評価するため、水質分析による評価とバイオセンサーによる評価を論述した。
3章10節を分担執筆した。また、日本各地の名醸地の水質分析も行い、水質の特性を解析
18 廃棄物のバイオコンバージョン
―ゼロエミッションをめざして―
矢田 恵美子
石谷 博子
佐々木 健
2001/4 地人書館 9の再改定本で、さらにゼロエミッションおよび環境ホルモンの生物分解について加筆した。
19 Biohydrogen U
「Hydrogen and poly (hydroxyalkanet production from organic acid」
Noparatonarapron, N
Takeno, KSasaki, K
2001/ PERGAMONAn Imprint of Elsevier ScienceP33-40 バイオ技術による水素生産に関する国際的にも本格的な学術書で、その中の1章を分担執筆した。光合成細菌を用いた水素生産と生分解性プラスチック生産についてまとめた。
20 事例に学ぶトレードオフを勝ち抜くための総合技術監理のテクニック 共著
佐々木 健
他12名
2003/1 地人書館
P138-143P179-182
技術士総合技術監理部門の技術者、またこれを受験する人のためのテキスト。トレードオフへの対処の仕方をまとめた。第3章3節、11節を分担執筆した。
21 技術士試験適正科目徹底対  策 共著
佐々木 健
他15名
2004/6 地人書館P154-158 技術士一次試験の適正科目受験のための演習テキスト。トレードオフの演習問題と解説を分担執筆した。
22 技術士二次試験総合監理部
門の徹底研究
共著
佐々木 健
他17名
2004/3 オーム社P165-169 技術士二次試験総合技術監理試験のためのテキスト。記述式問題の経験文献の例題をあげて解説した。
23 水の特性と新川利用技術
(分担執筆)
「名水の現状」
佐々木 健 2004/5 エヌ・ティー・エスP286-304 我国の名水の現状を紹介した。また、名水に関わるバイオ産業、食品産業および医用ビジネスについて、水の特性と併せて紹介した。
24 広島県の名水
―水質にこだわった名水50選―
佐々木 健 2005/8 広島県内の名水の中から、特に水質に優れ、公開された名水を紹介した。各水質の特徴、水質の持つ意義について、56名水を選び解説している。
25 光合成微生物による環境修  復 佐々木 健
山岡 洋介
竹野 健次
2006/10 シーエムシー
P224-231
光合成微生物を用いた環境修復技術の現状と課題をまとめた。特に光合成細菌を用いた環境修復では、我々の長年の研究をもとに、磁石および鉄含有多孔質セラミックと光合成細菌の組み合わせで効率よく、ヘドロから重金属を除去する技術を詳しく解説した。
26 もう少し深く理解したい人のためのバイオテクノロジー
―基礎から応用展開まで―
(分担執筆
共著
佐々木 健
他6名
2007/4 地人書館
P89-113P204-280
バイオ技術書、生物工学技術士を目指す人のための、バイオ技術の基礎から応用展開までをまとめたテキスト。第7章、微生物の代謝制御と培養工学、第11章、環境工学、第12章、グリーンバイオテクノロジーを分担執筆した。
27 瀬戸内海辞典
(分担執筆)
広島の酒
共著
佐々木 健
2007 (有)南々社
P420-425
広島の酒造の特徴、特に西条の醸造用名水と酒質との関わりを論じた。広島発祥のハイテク酒造技術である軟水醸造法についても論じている。
28 河川文化
―名水と環境と健康―
(分担執筆
共著
佐々木 健
2008 日本河川協会
P211-294
名水の意義、名水の基準とは何か、名水と環境保全、人々の暮らしとの関わり、及び名水の食品への意義などについて長年の研究をまとめた。名水と山頭火の関わりについても論じた。
29 第11回日本水大賞受賞活動集
―広島の原爆献水の水質保全と水環境保全―
(分担執筆
共著
佐々木 健
2009 日本水大賞委員会P99-104 広島の原爆献水の22年間に及ぶ調査と広島の水環境保全活動について紹介した。日本水大賞審査部会特別賞受賞。
30 原爆献水
―ヒロシマでは平和祈念と環境保全とかかさなる―
 共著佐々木 健
森川 博代
細川 雄一
高田 幸子
2010/7 名水バイオ研究所 ヒロシマの原爆献水の22年間におよぶ水質調査の結果をまとめた。平和祈念、平和教育のための活動であるが、同時に環境保全にも有力なデータとなりうることを示した
31 バイオ活用による汚染廃水の新処理法
―バイオ技術を活用した光合成細菌による放射性物質の除去と回収
共著
佐々木 健
森川 博代
原田 敏彦
大田 雅博
2012/3 シーエムシー出版P216-258 光合成細菌を用いたU、Co、Sr、Csなどの放射性核種の除去と電磁石回収型多孔質セラミックに光合成細菌を固定化した。実用的Cs、Srの除去・回収について我々の研究をまとめた。第24章を分担執筆した。
32 東日本大震災後の放射性物質汚染対策
―光合成細菌を用いた放射性物質の回収、除去技術
共著
佐々木 健
森川 博代
原田 敏彦
大田 雅博
2012/3 エヌ・ディー・エス
P211-222
電磁石回収型多孔質セラミックに固定化した、光合成細菌による有害金属、Hg、Cr、Cd、Asおよび放射性核種のCsとSrの除去回収について、我々の研究をまとめた。福島での放射性Csの除染についても記述した。第3章、第5節を分担執筆した。
33 西条・山と水の環境機構10周年記念誌―西条地区龍王山における森林整備と10年経過後の水質、水量の変化および西条酒造用水の特徴 共著
佐々木 健
森川 博代
竹野 健次
2012/5 西条・山と水の環境機構(西条酒造協会P75-83 西条龍王山における森林整備と周辺自然水の水質と水量を10年間調査した結果を報告した。さらに西条酒造用水が酒造にどのように適しているかを、水質とアルコール生成量から評価した。

佐々木健の学術研究論文
T バイオマス変換と有用物質の生産に関する研究

No. 学術研究論文名 著者名 発行又は
発表の年月日
発行所、発表雑誌等又は
学会発表等の名称
概要
Formation of cobalt-free corr inoides in Rhodopseudomonas sphaeroides Kamikudo, T
Sasaki, K
Hayashi, M
1977     J. Nut. Sci.Vitaminol.
vol. 23, P179-185
光合成細菌R. sphaeroidesにおけるビタミンB12生合成の前段階物質、cobalt-free corrinoidの諸科学的特性を検討した。
Growth on acetate media of Rhodopseudomonas sphaeroides S and its vitamin B12 biosynthesis Sasaki, K
Hayashi, M
Nagai, S
1978 J. Ferment. Technol.
vol. 56 (3), P200-206
R. sphaeroides Sを廃液処理に応用し、同時に価値あるビタミンB12を回収することを念頭にして、廃液に含まれる有機酸の利用性とビタミンB12生成との関係を明らかにした。
Growth, vitamin B12 and pho topignents formations of Rhodopseudomonas sphaeroides S growing on propionate media under dark and light conditions Sasaki,
KNagai, S
1979 European J.Apply. MicrobioBiotechnol.
vol. 7, P201-210
R. sphaeroides Sを用いてビタミンB12やクロロフィルさらにカロチノイドを生産する際、光照射や溶存酸素濃度の影響を、連続培養法を用いて詳しく検討した。
The optimum pH and temperature for the aerobic growth of Rhodopseudomonas gela- tinosa and vitamin B12 and ubiquione formations on a starch medium Sasaki, K
Nagai, S
1979 J. Ferment. Technol.
vol. 57 (5), P383-386
デンプン工場廃液に含まれるデンプンを利用してビタミンB12やユビキノン(心臓薬として価値が高い)を生産することを念頭にして、R. gelatinosaを用いて、増殖に最適の温度やpHを明らかにした。
Growth yield from electron available from substrates in aerobic and photosynthetic cultures of Rhodopseudo- monas sphaeroides S Sasaki, K
Nishizawa, Y
Nagai, S
1980 Biotechnol.Bioeng., USA
vol. 22 (12), P2529-2541
有効電子を基準にして、光合成細菌の増殖収率を評価するという、新しい解析法を提案した。この方法を用いると、異なる炭素源を用いた場合でも、同一基準で増殖を評価できるので、実際の廃液処理プラントで応用すると、スケールアップなどに有用である。
Utilization of photosynthetic bacteria on soybean waste Nishizawa, Y
Sasaki, K
Hayashi, M
Nagai, S
1980 Microbiol. Utilization of Renewable Resources
vol. 1, P175-182
光合成細菌を味噌工場廃液の処理に応用することを念頭に、廃液中の有機物の利用性を検討し、基礎的な知見を明らかにした。
Single cell protein production by treatment of soybean waste with Rhodopseudomonas gela- tinosa Sasaki, K
Noparatonaraporn, N
Hayashi, M
Nishizawa, Y
Nagai, S
1981 J. Ferment. Technol.
vol. 59 (6), P471-477
味噌工場廃液を処理するための最適の操作条件を検討した。さらに実際のプラントを計画する際に必要な装置について、従来の活性汚泥法との比較を行った。タイ王国カセサート大学との共同研究。
光合成細菌による大豆煮熟廃液処理および微生物タンパク(SCPの生産 永井 史郎
佐々木 健
1981 微生物と資源
vol. 5, P8-17
論文7)と8)をもとにした総説。
光合成細菌 Rhodopseudomonas sphaeroides Sによるみかん廃棄物の処理および菌体(微生物タンパクの生産 佐々木 健 1984 広島電機大学自動車短大研究報告
vol. 17, P101-111
みかん外皮廃棄物を、従来のメタン発光処理のかわりに、光合成細菌を用いて処理した。その際に必要となる処理槽容量を試算し、光合成細菌を用いると、大幅に処理槽を小型化しうることを明らかにした。
10 Aerobic-heterotrophic and photoheterotrophic growth in microaerobic-light chemostat cultures of Rhodopseudomonas sphaeroides S Sasaki, K
M. L. A.
Escamilla
Nishizawa, Y
Nagai, S
1985 J. Ferment. Technol.
vol. 63 (4), P377-381
R. sphaeroides Sを酵素と光が同時に存在する条件下で培養した場合の呼吸と光合成の関係を検討した。さらに呼吸と光合成の活性を、モデル式を用いて、定量的に解析した。
メキシコ大学との共同研究
11 Stimulation of vitamin B12 formations in aerobic-grown Rhodopseudomonas gelatinosa under microaerobic condition Noparatnaraporn, N
Sasaki, K
Nishizawa, Y
Nagai, S
1986 Biotechnol. Lett.
vol. 8 (7), P491-496
光合成細菌R. gelatinosaを用いたSCPおよびビタミンB12生産における、本菌の微好気状態でのビタミンB12生成と、B12生成をつかさどるALA合成酵素活性の関係を明らかにした。
12 Production of 5-aminolevulinic acid by photosynthetic bacteria Sasaki, K
Morii, Y
Nishizawa, Y
Nagai, S
1987 J. Ferment. Technol.
vol. 65 (5), P511-515
光合成細菌を用いた人畜無害の除草剤(5−アミノレブリン酸)の生産について検討した。諸実験の結果、最大2mMの5−アミノレブリン酸を生産でき、実用の見通しがついた。5−アミノレブリン酸生産については本邦初の論文。
13 Denitritying and phototrophicgrowth of Rhodobacter sphaeoides S under aerobicdark and light conditions Sasaki, K
Morii, Y
Nishizawa, Y
Nagai, S
1987 J. Ferment. Technol.
vol. 66 (1), P27-32
光合成細菌R.sphaeoides Sの脱窒能力について検討した。本菌はNO3をN2に還元する能力を有するきわめて珍しい菌であり、光合成能力とは別に、完全な異化的硝酸還元を行うことを明らかにした。
14 Conversion of cobalt-free corr inoid to vitamin B12 with the resting cells of Rhodobacter sphaeroides Sasaki, K
Hayashi, M
Nagai, S
1989 J. Ferment. Technol.
vol. 64 (4), P303-305
光合成細菌R. sphaeroidesのビタミンB12生合成紀行解明を目的として、本菌の生産するCFCがビタミンB12に変換しうるかどうかを検討した。
その結果、CFCは効率よくビタミンB12に変換され、生合成中間体として何らかの役割を果たしていることを推定した。
15 Influence of iron on the excre tion of 5-aminolevulinic acid by a photosynthetic bacterium, Rhodobacter sphaeroides Sasaki, K
Ikeda, S
Konishi, T
Nishizawa, Y
Hayashi, M
1989 J. Ferment. Technol.
vol. 68 (5), P380-383
光合成細菌R. sphaeroidesのALA(除草剤成分)生産におけるFe2+およびFe3+の影響を検討した。Fe2+およびFe3+はともに菌体内でFe2+に還元され、ALA合成酵素活性を直接阻害し、ALA生産を抑制する事を明らかにした。
16 Production of a herbicide, 5  aminolevulinic acid by Rhodobacter sphaeroides using the effluent of swine waste from anaerobic disgestor Sasaki, K
Tanaka, T
Nishizawa, Y
Hayashi, M
1990 Apply. Microbiol.Biotechnol.
vol. 32 (6), P727-731
光合成細菌R. sphaeroidesを用いて、豚舎廃液の消化脱離液を人畜無害の除草剤に変換することを研究した。消化脱離液中の酢酸、プロピオン酸を効率よく5−アミノレブリン酸に光合成的に変換しうることを見いだし、その照度、前駆体添加物等、5−アミノレブリン酸生成に及ぼす最適条件を検討した。豚ぷん尿から除草剤生産という世界でも始めての論文。
17 光合成細菌を用いた豚舎廃  液消化脱離液の処理 佐々木 健
大槻 和男
江本 美昭
浜岡 尊
1990 農業施設
vol. 20 (3), P270-277
光合成細菌R. sphaeroidesを用いて、豚舎廃液を処理すると同時に菌体を飼料等のバイオマスとして利用することにつき研究した。豚舎は廃棄の消化脱離液を本菌は有効に資化し増殖し、消化液中のCOD、低級脂肪酸はよく資化され、本菌による処理の可能なことが示唆された。
18 豚ぷん尿から飼料や除草剤  をつくる(1  ―光合成細菌を用いたバイオマス変換― 佐々木 健 1991 技術士
vol. 91 (7), P9-12
豚ぷん尿をメタン発酵し、バイオガスエンジンを駆動し、さらに消化脱離液から菌体や除草剤(ALA)を生産する技術について総説した。
19 豚ぷん尿から飼料や除草剤  をつくる(2  ―光合成細菌を用いたバイオマス変換― 佐々木 健 1991 技術士
vol. 91 (8), P12-14
豚ぷん尿をメタン発酵し、バイオガスエンジンを駆動し、さらに消化脱離液から菌体や除草剤(ALA)を生産する技術について総説した。
20 Enhanced production of 5-aminolevulinic acid by repeated addition of levulinic acid and supplement of precursors in photoheterotrophic culture of  Rhodobacter sphaeroides Sasaki, K
Tanaka, T
Nishizawa, Y
Hayashi, M
1991 J. Ferment. Technol.
vol. 71 (6), P403-406
R. sphaeroidesがALAを大量に蓄積しうる理由を、菌体内の酵素の挙動を検討することにより明らかにした。レブリン酸の逐次添加でALA脱水素酵素活性は抑制され、低レベルに維持され、ALAの大量生産につながっていると推定された。
21 Formation of 5-aminolevulinic Acid under aerobic / dark condition by a mutant of Rhodobacter sphaeroides Tanaka, T
Watanabe, K
Hotta, Y
Lin, D
Sasaki, K
Nagai, S
1991 Biotechnol. Lett.
vol. (13), P589-594
低毒性除草剤、ALAを生産するにあたり、レブリン酸を無添加でALA生産を生産しうる異変種を造成し、そのALA生産特性を調べた。
22 5−アミノレブリン酸の微生物による蓄積とその応用 永井 史郎
西尾 尚道
佐々木 健
田中 徹
1991 BIOINDUSTORY
vol. 8 (8), P535-544
微生物によるALA生産について、その理論と応用について著者らの論文をもとに総説した。さらに、ALAを除草剤として利用する方法についても論述している。
23 Effect of culture pH on the ex  tracellular production of 5-aminolevulinic acid by Rhodobacter sphaeroides from vola- tile fatty acids Sasaki, K
Tanaka, T
Nishio, N
Nagai, S
1993 Biotechnol. Lett.
vol. 15 (8), P859-864
みかん外皮廃棄物の嫌気消化脱離液から光合成細菌を用いてALAを生産するにあたり、培地やpHや光照度をコンピュータを用いて厳密に制御することにより、安定して10mM以上のALAが自動的に生産しうることを示した。
24 Growth characteristics of Spir ulina platensis in mixotrophic and heterotrophic conditions Marquez, F
Sasaki, K
Nishio, N
Nagai, S
1993 J. Ferment. Bioeng.
vol. 75 (5), P408-410
らん藻スピルリナブラテンシスの混合栄養、従属栄養条件下での増殖特性を解明した。本株が暗好気条件下完全好気状態で増殖しうることを認めた。
25 光合成細菌による5−アミノレブリン酸の生産 佐々木 健
田中 徹
堀田 康次
西尾 尚道
永井 史郎
1993 生物工学会誌
vol. 71 (6), P428-431
光合成細菌を用いた5−アミノレブリン酸の生産について著者らの一連の報告を総説した。
26 5-aminolevulinic acid produc tion from the agricultural waste by photosynthetic bacteria Sasaki, K
Tanaka, T
Nishio, N
Nagai, S
194 Proceeding of third Asia-pacific
Biochemical Engineering Con- ference, Singapore
P170-172
低毒性の除草剤、植物成長促進剤および藻類の光合成促進物質の5−アミノレブリン酸の農産廃棄物からの生産技術について総説した。
27 Utilization of volatile fatty acids from the anaerobic digestion liquor of sewage sludge for 5-aminolevulinic acid pro duction by photosynthetic bacteria Tanaka, T
Sasaki, K
Noparatnaraporn, N
Nishio, N
1994 World J. Microbiol.Biotechnol.
vol. 72 (6), P677-680
都市下水汚泥を嫌気消化し、生成する揮発性脂肪酸(VFAs)を利用してALA生産を行い、最大で約9mMのALA生産が可能であった。本廃棄物のリサイクル利用に関して新知見を得た。
28 Rhodobacter sphaeroidesから  の酵母エキス不感受性、5−  アミノレブリン酸高生産変異株の取得 田中 徹
渡部 圭太郎
堀田 康司
佐々木 健
室岡 義勝
永井 史郎
1994 生物工学会誌
vol. 72 (6), P461-467
R. sphaeroidesをUV照射により、酵母エキスの存在下でも著量にALA生産しうる変異株CR286株を得た。この株をスクリーニングするにあたり、ALA要求性E.coli変異株を用いたバイオアッセイ法を新規に開発した。CR286株は5mMの低レブリン酸濃度でもALAを著量に生産し、最大蓄積量は最大で約16mMであった。
29 Enhancement of biomass and pigment production during growth of Spirulina platensis in mixot rophic culture Marquez, F
Nishio, N
Nagai, S
Sasaki, K
1995 J. Chem. Technol.Biotechnol.vol. 62 (2), P159-164 Spirulina platensisを混合栄養的に増殖させると光合成増殖と従属栄養増殖が同時に進行し、低照度(約8 klux)でも、従属栄養単独の場合より約1.5〜2倍の藻体と光合成色素が生産される事を明らかにした。この増殖における動力学解析もあわせて行った。
30 5−アミノレブリン酸デヒ  トラターゼ阻害剤の検索 田中 徹
柿薗 俊英
西川 誠二
渡部 圭太郎
佐々木 健
西尾 尚道
永井 史郎
1995 生物工学会誌
vol. 73 (1), P13-19
レブリン酸にかわる安価で強力なALA脱水素酵素(ALAD)阻害剤の検索を行った。
R. sphaeroidesおよびビタミンB12高生産菌、Propionibacterium freudenreichiiを用いて行い、3−Oxolevulinic acidが強い阻害活性を有することを見出した。この阻害作用について価額構造からの解析もあわせて行った。
31 Rhodobacter sphaeroidesの5  −アミノレブリン酸デヒトラターゼにおよぼすプロピオン酸の阻害作用とALAの菌体外生産 田中 徹
渡部 圭太郎
西川 誠二
佐々木 健
西尾 尚道
永井 史郎
1995 生物工学会誌
vol. 73 (1), P21-25
プロピオン酸がレブリン酸同様、ALADを阻害する事を見出した。この阻害作用を酵素動力学的ALAD阻害も増強され、ALA菌体外生産が増大した。これらの結果について新規な知見を詳述した。
32 光合成細菌を用いた有機性廃棄物からの5−アミノレブリン酸の生産および除草剤、植物生長調節剤への応用 佐々木 健
田中 徹
堀田 康司
1995 水処理技術
vol. 36 (3), P135-145
有機性廃棄物である農畜産廃棄物および都市下水汚泥の嫌気消化脱離液を利用してALAを生産する技術について、これまでの著書らの開発した手法を整理してまとめた。ALAの除草剤、植物生長調節剤への応用について新規な知見を詳述した。
33 Inhibitory effect of oxygen ac cumulation on the growth of Spirulina platensis Marquez, F
Sasaki, K
Nishio, N
Nagai, S
1995 Biotechnol. Lett.vol. 17 (2), P225-228 Spirulina platensisの増殖におよぼす酵素の影響を検討した。高濃度の酵素(<10 mg/l)がSpirulinaの増殖を阻害した。この阻害は非抵抗阻害的に働き、阻害定数Kiは2.66mMであった。Spirulinaの高濃度生産を達成するためには酵素の除去が重要である事が明らかとなった。
34 Promotive effects of 5-amino  levulinic acid on the growth and photosynthesis of Spiruli na platensis Sasaki, K
Marquez, F
Nishio, N
Nagai, S
1995 J. Ferment. Bioeng.
vol. 79 (5), P453-457
ALAがらん藻Spirulina platensisの増殖を促進する事を見出した。ALA培地に添加する事により、藻体内のフィコシアニンやクロロフィル含量が増大し、結果としてCO2固定を促進し、増殖促進をうながすと示唆された。
35 5-aminolevulinic acid produc tion by Chlorella sp. during heterotrophic cultivation in the dark Sasaki, K
Watanabe, K
Tanaka, T
Hotta, Y
1995 World J. Microbiol.Biotechnol.
vol. 11 (3), P361-362
新規に分離したクロレラを用い、完全好気暗条件でALAが生産できる事を示した。最大ALA生産量は、1.9mMで、このALAはC-5経路を経て、生合成されていることを明らかにした。
36 An improved method for cell  and spore count during aerobic caltivation of crystal toxin pro ducing Bacilus sphaericus Sasaki, K
Rogers, P. L.
1995 Biotechnol.
Techniques
vol. 9 (5), P321-326
Bacilus sphaericusの培養液を希釈後、40秒間Sonic(超音波)処理をすることで、細胞の破壊もなくclumpをとき、正確に菌数や胞子の計測を可能にした。従来のSonic無処理の方法と比較して約2倍の細胞数と胞子の計測値が得られた。
Bacilus sphaericusのマラリアトキシン生産への簡便な評価に応用することができるようになった。
37 光合成微生物によるバイオコンバージョンと環境問題 佐々木 健 1995 BIOINDUSTORY
vol. 12 (9), P40-49
光合成微生物を用いたバイオコンバージョン技術、特に廃棄物やCO2を利用して有用物質を生産し、環境浄化に寄与する最新の技術について総説した。特に著者らの光合成細菌と藻類を用いた有用物質生産技術について詳しく解説した。
38 光合成細菌による有機酸、  揮発性脂肪酸の消費と水素  生産 佐々木 健
竹野 健次
江本 美昭
1996 日本水環境学会誌
vol. 71 (7), P709-712
農業廃棄物を処理すると同時に水素を生成し、エネルギーとして回収する目的でRhodobacter sphaeroides Sの有機酸および揮発性脂肪酸消費と水素生成の関係を検討した。
S株はリンゴ酸、酢酸、プロピオン酸から水素を発生し、最大80 ml/g cell/hと、他の光合成細菌とほぼ同等の水素発生能を示した。
39 Inhibitation of 5-aminolevulin ic acid dehydratase by undiss ociated form of levulinic acid during extracellular formation of Rhodobacter sphaeroides Sasaki, K
Watanebe, M
Nishio, N
1997 Biotechnol. Lett.vol. 19 (5), P421-424 Rhodobacter sphaeroidesのALA生産において培養液中のレブリン酸(LA)は、実際には非解離の形でALA脱水素酵素を阻害し、ALA生産に寄与していることを、我々のpHのALA生産のデータから明らかにした。
40 シリル化処理によるシリカ  ゲル表面への除菌効果の付  与 永富 寿
筑摩 清亮
佐々木 健
1997 日本農芸化学会誌
vol. 71 (7), P709-712
シリル化処理をシリカゲル表面に施すことにより、E.coliおよびB.subtilisなどの細菌に対し、除菌効果(それぞれ140時間および48時間の間)を付与できた。シリル化処理でシリカゲル表面の活性化処理が可能なことを認めた。
41 低毒性農薬ALAの実用的  合成に関する基礎知識 鈴木 洸次郎
佐々木 健
村本 慶博
朝倉 芝行
1997 広島電機大学
自動車工業短期大学
vol. 30, P113-118
低毒性農薬のALA化学合成において、新規にN-フタロイルグリシンベンジルエステル誘導体の還元分解を経由して合成する方法を提案した。
42 5−アミノレブリン酸の構  造方法と応用分野 竹矢 晴彦
田中 徹
堀田 康司
佐々木 健
1997 Porphyrins
vol. 6 (3, 4), P127-135
5-aminolevulinic acid (ALA)は、低毒性除草薬、植物生長促進剤、抗ガン剤(医薬品)など多くの用途が開発されている。本報では、ALA生産の工業的実用化にいたるまでの各技術、光合成細菌によるバイオ的手法、ALA誘導体の精製など、これまでの研究結果を総説した。
43 Enhansement of sporulation  and crystal toxin production by corn steep liquor feeding during intermittent fed-batch cul- ture of Bacillus spfaericus Sasaki, K
Jiaviriyaboonya, SRogers, P. L.
1998 Biotechnol. Lett.
vol. 20 (2), P165-168
Bacillus spfaericusのマラリアトキシン生産において、酵母エキスにコーンステープリカーを逐次流加することで菌体生産および胞子形成を促進させ、従来の回分培養より、2−2.5倍のトキシン生産を可能とした。
44 Growth and flocculation of a marine photosynthetic bacteria Rhodovulum sp. Watatabe, M
Sasaki, K
Nakashimada, Y
Kakizono, T
Noparatnaraporn, N
Nishio, N
1998 Apply. Microbiol. Biotechnol.
vol. 50 (6), P682-691
自己凝集性を有する海洋性光合成細菌をタイのエビ養殖場から分離した。この菌の凝集性の発現には、Na, Ca, Mgなどの陽イオンが必要であった。この菌はRhodovulum. Spと同定された。この菌は菌表面にRNA, たんぱく質, 多糖類からなるExtracellular polymeric substance (EPS)を生成し、それによって凝集がおこると確認された。
45 Promotion of growth and floccu  lation of a marine photo syn- thetic bacterium, Rhodovulum sp. by metal cations Watanabe, M
Shiba, H
Sasaki, K
Nakashimada, Y
Nishio, N
1998 Biotechnol. Lett.
vol. 20 (12), P1109-1112
海洋の底質から分離されたRhodovulum sp.の凝集には、Mg2+が重要な働きをしていることを明らかにした。Ca2+は補助的な役割であった。
46 High density cell culture of a  marine photosynthetic bacterium Rodovulum sp. with self flocculated cells. Watanabe, M
Sasaki, K
Nakashimada, Y
Nishio, N
1998 Biotechnol. Lett.
vol. 20 (12), P1113-1117
凝集性光合成細菌を用いて、新規のSingle towerfermenterによる高濃度菌体生産を行った。菌体濃度は、約48 g/lに達し、さらに基質の酢酸は22.5 g/l/dayの高速度で消費された。
47 Treatment of aquarium waterby denitrifying photosynthetic bacteria using immobilized polyvinyl alchohol beads Nagadomi, H
Hiromitsu, T
Takeno, K
Watanabe, M
Sasaki, K
1999 J. Bioscience Bioeng.
vol. 87 (2), P189-193
Sをアルギン酸およびポリビニルアルコール(PVA)に固定して、鯉の飼育水槽の浄化を行ったところ、CODの効果的な浄化が行われた。しかし、PVA固定化では亜硝酸が蓄積し、鯉が死亡した。亜硝酸が蓄積するのはNitrite reductaseを阻害するためと思われた。
48 N-アセチルフルフリルアミ  ンを原料とする5−アミノレブリン酸の実用的合成 鈴木 洸次郎
佐々木 健
村本 慶博
1999 日本化学会誌
1999 (3), P199-201
選択的除草剤、5−アミノレブリン酸(ALA)を2−フルアルデヒドから容易に合成できるN−アセチルフルフリルアミンをへて合成できる実用的な合成法を開発した。収量は約42%であった。
491 ,5−ジヒドロキシ−2−ピリドンを原料としピペリジン−2,5−ジオンを経由する5−アミノレブリン酸の生成 竹矢 晴彦
佐々木 健
鈴木 洸次郎
1999 日本化学会誌
1999 (5), P355-358
5−アミノレブリン酸を2−フルアルデヒドから得られる1,5−ジヒドロキシ−2−ピリドンを直接原料として合成する方法を開発した。最終的な収量は約60%であった。
50 Flocculating property of extra cellular polymeric substance derived from a marine photo synthetic bacterium, Rhodo vulum sp. Watanabe, M
Suzuki, Y
Sasaki, K
Nakashimada, Y
Nishio, N
1999 J. Bioscience Bioeng.
vol. 87 (5), P625-629
凝集性光合成細菌、Rhodovulum sp.の生産するRNAを主体とするポリマー(EPS)の凝集特性を、カオリンを用いたモデル実験により解明した。このEPSは弱アニオン系凝集剤として働くことを明らかにした。
51 Removal of phosphorus from oyster farm mud sediment using a photosynthetic bacter- ium, Rhodobacter sphaeroides IL106 Takeno, K
Sasaki, K
Watanebe, M
Kaneyasu, T
Nishio, N
1999 J. Bioscience Bioeng.
vol. 88 (4), P410-415
カキ養殖場の底質ヘドロを嫌気消化して、酢酸とリン酸イオンを遊離させた。この脱離液に脱窒光合成細菌を接種し、約3g/lの菌体を得た。菌体内にはユビキノンなどの有用物質が多く含まれていた。
52 Flocculation mechanism of marine photosynthetic bac terium, Rhodovulum sp. and its application in marine environment Watatabe, M
Noparatnaraporn, N
Sasaki, K
2000 Proceeding of the 5th Asia-Pacific Biochemical Engineering Conference Puhket, Thailand,
P-ENV17, P1-6
凝集性光合成細菌、Rhodovulum sp.の生産するRNAを主体とする(EPS)の凝集特性を調べた。カオリンを使った凝集実験はSchulz-Hardy法則に従うことから、菌体の表面マイナスチャージがポリマーと金属を配して凝集することを明らかにした。
53 Application of the denitrifying photosynthetic bacteria for bioremediation Sasaki, K
Takeno, K
Takahashi, M
Watanabe, M
2000 Proceeding of the 5th Asia-Pacific Biochemical Engineering Conference Puhket, Thailand,
P-ENV3, P1-6
ヘドロを嫌気消化して、脱窒光合成細菌を増殖させることにより、効率的にヘドロのリンおよび硝酸の除去など効率的にバイオレメディエーションを行うことを見出した。
54 Simultaneous removal of che-mical oxygen demand and nitrate in aerobic treatment of sewage wastewater using im mobilized photosynthetic bac teria on porous ceramic plates Nagadomi, T
Takahashi, T
Sasaki, K
Yong. H. C.
2000 World J. Microbiol.
Biotechnol.
vol. 16 (1), P57-62
脱窒光合成細菌を少量の寒天で多孔質セラミックプレート上に固定化保持することで、好気的に有機物除去と脱酸イオンの除去を行いうる処理プレートを開発した。
55 Extracellular formation of 5- aminolevulinic acid by intact cells of the marine photo synthetic bacterium sp. with intact cell system under various pH conditions Noparatnaraporn, N
Inagaki, T
Watanabe, M
Sasaki, K
2000 World J. Microbiol.
Biotechnol.
vol. 16 (5), P313-315
海洋性光合成細菌、Rhodovulum sp.を用いて、低毒性除草剤、5−アミノレブリン酸(ALA)を生産するにあたり、培地のpHに関係なく、非難解性のレブリン酸がALA脱水素酵素を阻害し、ALAの菌体外生産に関係していることを明らかにした。
56 光合成細菌変異株による5  −アミノレブリン酸の工業  的生産 上山 宏輝
堀田 康司
田中 徹
佐々木 健
2000 日本生物工学会誌
vol. 78 (2), P48-55
光合成細菌を用いて植物生長促進剤あるいは、制癌剤など広い用途を有する5−アミノレブリン酸を生産する技術の確立について詳述した。特に変異株造成のプロセスについても、新規の技術(マイクロプレート法)を詳述している。
57 Simultaneous removal of che mical oxygen demand (COD, phosphate, nitrate and hydro gen sulphide in the synthetic seage wastewater using porous ceramic immobilized photo synthetic bacteria Nagadomi, H
Kitamura, T
Watanabe, M
Sasaki, K
2000 Biotechnol. Lett.
vol. 22 (17), P1369-1374
3種類の光合成細菌を多孔質セラミックに混合固定化して、その窒素、リン酸除去、硫化水素分解能を巧みに利用して、COD、リン、硝酸除去と脱臭を兼ね備えた人工下水の効率的処理に成功した。
58 ポリビニルアルコール(PVAを用いた固定化脱窒光合成細菌による養魚水槽水の浄化と亜硝酸の蓄積 永富 寿
渡辺 正規
佐々木 健
2000 水処理技術
vol. 41 (9), P261-267
固定化脱窒光合成細菌を用いて養魚水槽水を浄化するにあたり、著量の亜硝酸がPVAを固定化担体に用いると、蓄積することを明らかにした。これは、PVAが脱窒菌の亜硝酸還元酵素を阻害するためと推定された。
59 固定化光合成細菌を用いた  化学的酸素要求量、硝酸、リン酸イオンおよび硫化水素の同時除去 永富 寿
前田 昭司
高橋 昌利
佐々木 健
2000 水処理技術
vol. 41 (9), P411-420
光合成細菌の種を組み合わせて、多孔質セラミックプレートあるいはブロックに固定化し、COD、リン、硝酸除去、さらに脱臭機能を兼ね備えたバイオリアクターシステムを構築する技術について詳述した。
60 Production of RNA by a mari ne photosynthetic bacterium,   Rhodovulum sp. Noparatnaraporn, N
Watanabe, M
Choorit, W
Sasaki, K
2000 Biotechnol. Lett.
vol. 22 (23), P1867-1870
海洋性光合成細菌、Rhodovulum sp.を用いた菌体外RNA生産の可能性を詳述した。最大で460 mg RNA/lに達し、酵母の2から3倍のRNA生産量を示した。
61 Bioremediation of sediment mud of oyster farm by deni trifying and marine photo synthetic bacteria immobilized on porous ceramic Sasaki, K
Takahashi, M
Watanabe, K
Nagadomi, H
2001 Proceeding of the FifthInternational Symposium onEnvironmental Biotechnology,Kyoto, Japan, 0-11-2, 1-4 脱窒および海洋性光合成細菌を、鉄を含む多孔質セラミックに固定化して、カキ養殖場のヘドロ浄化を行った。ヘドロ中のリン、窒素および銅やスズなどの重金属が除去できる可能性を認めた。
62 Effects of an external magnetic field on the sedimentation of activated sludge Hattori, S
Watanabe, M
Endo, T
Sasaki, K
2001 World J. Microbiol.
Biotechnol.vol. 17 (3), P279-285
外部に永久磁石を装着した活性汚泥処理装置で、人工下水で馴養した活性汚泥で人工下水を処理したところ、磁気を印加することで汚泥の凝集性、沈降性の促進効果が確認された。
63 Biomass production in mixo trophic culture of Euglena gracilis under acidic condition Yamane, YUtsunomiya, TWatanabe, MSasaki, K 2001 Biotechnol. Lett.
vol. 23 (15), P1223-1228
グルコースとアンモニアを用い、従属栄養的にEuglena gracilisを培養すると、強酸性以下でも4.28−4.48 g/lの高い収率が得られた。エネルギー論的解析により、増殖時のATP生産量を推定した。
64 光合成細菌による環境修復  と有用物質生産 佐々木 健
竹野 健次
渡辺 昌規
2001 バイオサイエンスとインダストリー
vol. 56 (9), P635-638
光合成細菌を用いたヘドロのバイオレメディエーションと、ヘドロからの生分解プラスチック生産について、これまでの著者らの研究をまとめた。5−アミノレブリン酸の大量生産についても詳述した。
65 固定化光合成細菌による養  鯉水槽水の簡易浄化と脱窒 永富 寿
竹野 健次
渡辺 昌規
佐々木 健
2001 日本水環境学会誌
vol. 24 (1), P64-68
プロの鯉師の養鯉水槽の水を分析することで、鯉に適した飼育の水質を明らかにした。さらに種々の固定化担体に光合成細菌を固定化し、水質浄化を行った。セラミックが鯉の水槽水浄化に効果があった。
66 Production of a cellulase free xylanase from agroindustrial waste materials by a thermo tolerant Streptomyces sp. Techapun, C
Singsuwongwat, S
Sasaki, K
2001 Biotechnol. Lett.
vol. 23 (20), P1685-1689
バガスやトウモロコシなど農産廃棄物からキシラナーゼを生産できる耐熱性菌を分離した。この菌は遺伝子解析の結果、Streptomyces sp.と同定された。キシラナーゼ以外、セルラーゼやマンノースは生産しなかった。
67 Effect of an external magnetic field on the flock size and sedimentation of activated sludge Hattori, S
Watanabe, M
Endo, T
Osono, H
Togii, H
Sasaki, K
2001 Proceedingings of theinternational conference on environmental con- cerns and emerging abatement technologies, Abatement technology, p-3, 1-3
Beijing, China, Oct. 9-12
外部磁気をかけることにより、活性汚泥の沈降性が増大する現象について、フロックが磁気によりお互いに引きつけあうため、フロックサイズが増大し、その結果として沈降性が増大することを明らかにした。
68 光合成細菌による排水処理  におけるCOD、窒素、リンおよび硫化水素の同時除去 佐々木 健 2001 日本生物工学会誌
vol. 79 (11), P434-439
光合成細菌を用いて、排水処理を行う際、COD、リン、窒素除去と脱臭を同時に行う技術的な問題点について、主に実用的な面からの解説を行った。
69 Effects of an external magnetic field on the flock size and sedimentation of activated sludge Hattori, S
Watanabe, M
Osono, H
Togii, H
Sasaki, K
2001 World J. Microbiol.
Biotechnol.
vol. 17 (9), P833-838
外部磁気印加で活性汚泥のフロック径が増大し、沈降性が改善されることを明らかにした。同時にCODも低減させうることも明らかにした。
70 Biosynthesis, biotechnological production and applications of 5-aminolevulinic acid Sasaki, K
Watanabe, M
Tanaka, T
2002 Apply. Microbiol.
Biotechnol.
vol. 58 (1), P23-29
5−アミノレブリン酸の工業的生産と、その農学的、医学的用途について、著者らのこれまでの研究をまとめた総説。
71 Magnetization of activated slu dge by the external magnetic field Hattori, S
Watanabe, M
Sasaki, K
Hidaka, Y
2002 Biotechnol. Lett.
vol. 24 (1), P65-69
外部磁気印加で活性汚泥が磁化されることを、磁気力顕微鏡(MFM)を用いて、ビジュアル的に観察した。磁化レベルは活性汚泥の鉄含有量の増大とともに増加した。
72 Production of cellulose free xylanase by thermotolerant Streptomyces sp. from agri cultural waste and media optimization using mixture design and Placket-Burman experimental design method Techapum, C
Sinsuwongwat, S
Watanabe, M
Sasaki, K
Poosaran, N
2002 Biotechnol. Lett.
vol. 24 (17), P1437-1442
Placket-Burman実験計画法により、セルラーゼフリーキシラナーゼ生産の最適化をStreptomyces AB106で行った。
Mixture design法よりも、Placket-Burman法の方が優れた最適化が行われ、最大で12 IUに達した。
73 Thermostable and alkaline tolerant cellulase-free xylanase production by thermotolerant Streptomyces sp. Ab106 Techapum, C
Charoenrat, T
Poosaran, N
Watanabe, M
Sasaki, K
2002 J. Bioscience and
Bioengineering
vol. 93 (4), P431-433
新規に分離された、Streptomyces sp. Ab106を用い、バガスから55℃の培養で、cellulase-free xylanaseを生産した。このxylanaseは極めて安定性が高く、pH 9、60℃の高温・高アルカリ条件でも、最大の70%の活性を示した。
74 Optimization of thermostable and alkaline-tolerant cellulase- free xylanase production from agricultural waste by thermo tolerant Streptmyces sp. Ab106 using the central composit experimental design Techapum, C
Charoenrat, T
Watanabe, M
Sasaki, K
Poosaran, N
2002 Biochemical EngineeringJournal
vol. 12 (2), P99-105
Streptomyces sp. Ab106株で、耐熱性、耐アルカリ性のcellulase-free xylanaseを生産するにあたり、Central composit実験計画法に基づき、最適pH及び温度の最適化を行った。その結果、最大15 IUの酵素生産が可能になった。
75 光合成細菌の医用と環境問  題への応用 佐々木 健
渡辺 昌規
Noparatnaraporn, N
2002 日本生物工学会誌
vol. 80 (6), P234-236
光合成細菌を用いて、ビタミンB12,ユビキノン,ポルフィリン,5−アミノレブリン酸など、生理活性物質生産手段と、医用への応用をまとめた。また、固定化光合成細菌を用いた高効率廃水処理バイオリアクター、及びバイオレメディエーション技術について、最近の我々の研究を解説した。
76 −アミノレブリン酸(ALAの低コスト発酵生産技術の開発 佐々木 健
渡辺 昌規
田中 亨
田中 徹
2002 バイオイダストリー
vol. 19 (6), P25-37
5−アミノレブリン酸(ALA)を低コストで発酵生産するにあたり、我々の行ってきた種々の異変株造成法およびORP制御発酵などの低コスト生産法を総説した。
また、豚糞尿や農産廃棄物および都市下水汚泥からのALA低コスト生産法も、ゼロエミッション技術の一つとして解説した。
77 Identification and cultivation of photosynthetic bacteria in wastewater from a concent rated latex processing factory Choorit, W
Thanakoset, P
Thongradistha, J
Sasaki, K
2002 Biotechnol. Lett.
vol. 24 (13), P1055-1058
ラテックス廃水を効率良く処理できる光合成細菌、10株を分離した。その内、SS51株とSY40株の混合培養で、COD除去が57%に達した。両菌株ともRubrivivax gelatinosusと同定された。
78 Thermostable and alkalinetolerant xylanase production from agricultural waste for paper and palp-bleaching process Noparatnaraporn, N
Techapum, C
Poosaran, N
Watanabe, M
Sasaki, K
2003 Proceedingings of 4thinternational conference:Role of Engineering towarda better Environment,Alexandia Egypt,Environment, oral, P1-6 新規に分離したStreptomyces sp. Ab106株の生産する、耐熱性,耐アルカリ性 xylanaseの特性を検討した。この酵素を用いてパルプのバイオ漂白を行う場合の、環境面に及ぼす利点と意義について考察した。
79 Improvement of cellulose-free  xylanase production by therm otolerant Streptomyces sp. Ab106 with optimized stirred type fermenter Techapum, C
Poosaran, N
Watanabe, M
Sasaki, K
2003 Journal of Bioscience and Bioengineering
vol. 95 (3), P298-301
混合攪拌ファーメンターを用いて、Streptomyces spAb106株を培養するにあたり、繰り返し流加培養を実施した。2回の培地の流加で、32 IUのxylanaseを生産した。これは従事、他の耐熱性xylanaseの生産と比較して約2倍の生産量であり、十分実用化レベルであると考えられる。
80 Thermostable and alkaline-tol erant xylanase produced from agricultural waste and their re guired properties for use in pulp bleaching bioprocess: a review Techapum, C
Poosaran, N
Watanabe, M
Sasaki, K
2003 Process Biochemistryvol. 38 (9), 1327-1340 新規に分離したStreptomyces sp. Ab106株を用いて、耐熱性,耐アルカリ性 xylanaseを生産するにあたり、種々培養方法、培地の最適化を実施した。また、生産されたxylanaseの特性を詳細に検討した。これら一連の我々の研究を総説した。
81 Coproporphyrin production by  Rhodobacter sphaeroides under aerobic in the dark and dissolved-oxygen-controlled conditions Utunomiya, T
Tanaka, T
Watanabe, M
Sasaki, K
2003 World J. Microbiol.
Biotechnol.
vol. 19 (2), P227-231
好気暗条件下、溶存酸素を制御した条件下で、光を用いることなくポルフィリン生産を行った。
変異株R.sphaeroides CR386を用い、DO=2.0±0.2 mg/lに厳密に制御することにより、56.3 mg/lのコプロポルフィリンを生産することができた。
82 Stimilation of porphyrin produ ction by application of an external magnetic field to a photosynthetic bacterium,Rhodobacter sphaeroides Utunomiya, T
Yamane, T
Watanabe, M
Sasaki, K
2003 Journal of Bioscience and Bioengineering
vol. 95 (4), P401-404
光合成細菌の光合成ポルフィリン生産において、外部から磁気を印加することで、N, S極においてポルフィリン生産が増大した。N極では0.3Tの磁気印加で対照(磁気無印加)の約5倍のポルフィリン生産を示した。この時、菌体内のALA脱水素酵素が2-3倍に増大している事が認められた。
83 農産廃棄物から生産した耐熱性、耐アルカリ性キシラナーゼのパルプ漂白への応用と排水中の塩素化合物の低減 佐々木 健
チャリン・テチャプン
ナイヤタット・プーサラン
2003 水処理技術
vol. 44 (6), P271-278
農産廃棄物バガスより、耐熱性Streptomyces sp. Ab106株を用いて生産した耐熱、耐アルカリ性キシラナーゼの生産と、これを用いたパルプ、バイオ漂白についての我々の研究をまとめた。
84 Biosorption of cadmium ions  using a photosynthetic bacterium, Rhodobacter sphaeoides S and a marine photosynthetic bacterium Rhodovulum spand their biosorption kinetics Watanabe, M
Kawahara, K
Sasaki, K
Noparatnaraporn, N
2003 Journal of Bioscience and Bioengineering
vol. 95 (4), P374-378
光合成細菌のカドミウム吸着性を検討した。潰瘍性光合成細菌が特に高いカドミウム吸着性を示した。この吸着はFreundlich吸着式に合致した吸着特性であった。
85 Treatment of oil-containingsewage wastewater using immobilized photosynthetic bacteria Takeno, T
Yamaoka, Y
Sasaki, K
2005 World J. Microbiol.Biotechnol.
vol. 21, P1385-1391
光合成細菌を寒天やアルギン酸に固定化して、食用廃油を含む人工下水の浄化を行った。連続処理で希釈率D=0.4/dayで96%の油が処理できた。最大除去活性は、3.83 kg 油/m3/dayに達した。
86 Application of photosynthetic bacteria for medical field Sasaki, K
Watanabe, M
Suda, Y
Ishizuka, A
Noparatnaraporn, N
2005 Journal of Bioscience and Bioengineering
vol. 100 (5), P481-488
光合成細菌の生産するビタミンB12、ユビキノン、ポルフィリン、5−アミノレブリン酸、RNAおよびRNA含有のEPSの医用への応用への応用と生産を総説した。特にEPSのドラッグデリバリーへの応用は詳しく解説した。
87 Selection of photosynthetic bacterium Rhodobacter sphae roides 14F for polyhydroxy alkanoate production with two stage aerobic dark cultivation Lorrungruang, C
Martthong, J
Sasaki, K
Noparatnaraporn, N
2006 Journal of Bioscience and Bioengineering
vol. 102 (2), P128-131
光合成細菌を用いて、従来容易でなかった好気暗培養での生分解性プラスチック、ポリハイドロキシアルカノエイト生産を行った。まず良好なRhodobacter sphaeroides 14Fを選別し、2段階培養で、3.5 g/lの生産に成功した。
88 製油所廃棄物を用いた活性  汚泥の可溶化 渡辺 圭太郎
溝口 隆
古堀 寿浩
渡辺 幸一
佐々木 健
2006 J. Japan PetroleumInstitute
vol. 49 (3), P134-139
製油所由来活性汚泥を、製油所由来廃棄物を利用して減容化するための、種々の薬剤の汚泥可溶化の可能性を検討した。その結果、廃ソーダや硫化ソーダは水酸化ナトリウムと同等の可溶化力を示した。製油所由来活性汚泥は都市下水活性汚泥に比べ、微生物相に細菌が多く、可溶化されやすかった。
89 高速攪拌処理と製油所廃棄  物を用いた活性汚泥の可溶    化促進 渡辺 圭太郎
溝口 隆
古堀 寿浩
藤本 尚則
佐々木 健
2006 J. Japan PetroleumInstitute
vol. 49 (3), P140-144
製油所廃棄物と高速ミキサーを組合わせ、製油所活性汚泥を短時間で可溶化するシステムを開発した。0.05 mol/lのアルカリと高速攪拌で、1時間で55%の可溶化が達成され、1m3のベンチスケール実験でも、このことが確認された。
90 Development of the model to predict the growth of Salmonella amsterdam and Salmonella bangkok in sterred fried rice with crab meat Pongsomboon, S
Sirisansaneeyakul, S
Sasaki, K
Poosaran, N
2006 Chiang Mai University J.
vol. 5 (3), P317-321
カニ焼き飯中のサルモネラ菌の汚染をCentral Composit Design法を用いて、温度、pH、塩濃度、接種菌量から予測する方法を開発した。
91 A novel gene with antisalt and anticadmium stress activities from a halotolerant marine green alga Chlamydomonas sp. W80 Tanaka, S
Suda, Y
Ikeda, Y
Ono, M
Miyasaka, H
Watanabe, M
Sasaki, K
Hirata, K
2007 FEMS
Microbiol. Lett.
vol. 271 (), P48-52
Chlamydomonas sp. W80から分離された遺伝子の食塩、カドミウムへの耐ストレス活性を調べた。C末端が耐ストレスに重要な働きをしていることを明らかにした。
92 Oil degradation uisng aphotosynthtic bacterium Rhodobacter sphaeroides S Yamaoka, Y
Takeno, K
Noparatnaraporn, N
Sasaki, K
2008 Japanese J. WaterTreatment Biology
vol. 44(1), P29-39
光合成細菌Rhodobacter sphaeroides Sがリパーゼを分泌し、食用油を分解することを明らかにした。油分解は光合成よりも、好気培養で主として起こることを確認した。
93 Isolation of a thermotolerant photosynthetic bacterium, Rh odobacter sphaeroides strain NAT and its ability of oil and chemical oxygen demand removal at high temperature Yamaoka, Y
Takeno, K
Shinkawa, H
Noparatnaraporn, N
Sasaki, K
2008 Biosci. Biotechnol.
Biochem.
vol. 72(6), P1601-1603
新規にタイ国で分離した光合成細菌Rhodobacter sphaeroides NATをアルギン酸に固定化し、45-55℃の高温で油含有排水を浄化できる手法を開発した。高温でのリパーゼ分泌も確認した。
94 Practical operations of solub ilizaton and reduction of activated sludge from petroleum refinery using high speed mixer and alkaline treatment Mizoguchi, T
Watanabe, K
Kobori, T
Fujimoto, T
Kumagai, H
Sasaki, K
2008 J. Japan. PetroleumInstitute.vol. 51(4), P245-251 製油所由来活性汚泥をアルカリ処理および高速攪拌処理を組み合わせて減容化する実証試験を、製油所内で60日実施した。最終的に45%の汚泥減容化が可能となった。
95 アルカリ処理と高速攪拌ミキサーを組み合わせた活性汚泥減容化システム 溝口 隆
渡辺 圭太郎
古堀 寿浩
藤本 尚則
熊谷 仁志
佐々木 健
2008 用水と廃水vol. 50(3), P690-698 アルカリ処理と高速攪拌ミキサーを食い合わせた新規の活性汚泥減容化システムを開発した。この基礎から実用化までの知見をまとめた。
96 Relationship between solubil ization of activated sludge and reduction of excess sludge using new system of alkaline solubil- ization with high speed mixing Fujimoto, T
Kobori, Y
Mizoguchi, T
Watanabe, K
Sasaki, K
2009 J. Japan PetroleumInstitute.
vol. 52(6), P316-321
40のモデル実験で、アルカリ処理および高速攪拌処理を組み合わせ、活性汚泥を減容した。余剰汚泥の処理量を増大させる事で、最大92%の汚泥減容化が可能な事を明らかにした。
97 Biocoagulationof dairy waste water by Lactobacillus casei TISTR 1500 for protain recovery using micro-aerobic sequencing batch reactor (micro-aerobic SBR Seesuriyachan, P
Kuntiya, A
Sasaki, K
Techapun, C
2009 Process Biochem.
vol. 44(4), P406-411
Lactobacillus casei を用いて、酸性で自己凝集し、タンパク質を回収しつつ、排水処理を行いうるSBRリアクターを開発した。菌の滞留時間を制御する事で、30日連続運転が可能となり、排水処理と前処理として有用する事を認めた。
98 Influence of food colorant and initial COD concentration on the efficiencies of microaerobic sequencing batch reactor (micro-aerobic SBR for casein recovery under nonsterile condition by Lactobucillus casei TISTR 1500 Seesuriyachan, P
Chaiyaso, T
Sasaki, K
Techapun, C
2009 BioresourcesTechnol. vol.100(18), P4097-4103 Lactobacillus caseiを用いたSBRリアクターで、主としてcaseinを凝集し、タンパク質を83%除去する事により、乳製品工場排水を効率よく前処理すると同時に、食品排水のアゾ色素とCODも除去できる事を示した。
99 Comparative study on material orange removal by growing cells and washed cell suspensions of Lactobacillus casei TISTR 1500 Seesuriyachan, P
Kuntiya, A
Sasaki, K
Techapun, C
2009 World J. Microb.Biotechnol. vol.25(6), P973-979 Lactobacillus caseiによるメチルオレンジやアゾ色素の脱色能を調べた。pHが4より低くとも、200- 800 mg/lの色素を脱色でき、66-15%の脱色率であった。Naの存在で脱色率は約2倍増大した。
100 Influence of precursors and in hibitor on the production of extracellular 5-aminolevulinic acid and biomass by Rhodopsueudomonas palustris KG31 Saikeur, A
Choorit, W
Prasertsan, P
Kantachote, D
Sasaki, K
2009 Biosci. Biotechnol.Biochem.
vol.73(5), P987-992
R.palustrisによるALA生産において、Box-Behnkenデザイン法により、前躯体と、ALAD阻害剤の添加量の最適化を行った。30mMのグリシン、10mMのLAの添加で、182mMのALAが生産できた。
101 光合成細菌による環境浄化及び再資源化技術の開発 佐々木 健
竹野 健次
2009 生物工学会誌
vol. 87(10), P478-480
光合成細菌を用いて、水処理を行いつつ、ビタミンやCoQ10、5-アミノレブリン酸を生産し、産廃物を再資源化する方法を総説した。また、光合成細菌による油含有排水処理や重金属の除去など最近の技術についてもまとめた。
102 乳酸菌を用いた微好気半連続処理法による乳製品工場排水処理と蛋白質回収 Seesuriyachan, P
竹野 健次
新川 英典
佐々木 健
2010 環境技術学会誌
vol. 39(2), P112-117
微好気状態で乳酸をよく生成する乳酸菌Lacto- bacillus caseiによる微好気半連続処理(SBR)法で、連続的に乳成分の蛋白質を沈殿させ、CODを80-90%低減しつつ、蛋白質を回収する方法の詳細を解説した。
103 Solid state fermentation for extracellular poly-saccharide production by Lactobacillus confuses with coconut water and suger cane juice as renewable waste Seesuriyachan, P.
Techapun, C.
Shinkawa, H
.Sasaki, K.
2010 Biosci Biotechnol
Bioeng
vol.74(2), P423-426
新規乳酸菌Lactobacillus confusesを用いて、ココナッツ廃液や糖蜜廃液からデキストリンからなる多糖類を固相培養法で大量生産する方法を開発した。
104 Methane fields and emission from rice rice grown with various organic fertilizer on zcidic low nutrient soil Leaungtiviroj, C.
Limtong, P.
Piriyarin, S.
Takeno, K.
Sasaki, K.
2010 農業施設学会誌
vol.40(4), P229-235
種々の有機肥料をタイ国の酸性土壌に与えた時のメタン発生と米の増殖量及び収量を検討した。メタン発生の多かった稲ワラとコンポスト設肥は米の増殖と収量も良好であった。
105 Development of a new bio-tertilizer with a high capacity for N2 fixation, phosphate and potassium solubiliztion and auxin production Leaungtiviroj, C
Ruangphisarn, P.
Hansanimitkul, P.
Shinkawa, H.
Sasaki, K.
2010 Biosci Biotechnol
Biochem
vol.74(5), P1098-1101
高いN2固定能および、リンとカリ溶解性、オーキシン生産能のそれぞれの高い細菌から、新規のバイオ肥料を開発した。この新肥料は稲や野菜の収量を最大4倍まで増大した。
106 Relationship between soil microorganisms and nutrient contents of Vetiveria zizanioides and Vetiveria nemoralis in some probrem soils of Thailand Leaungtiviroj, C.
Piriyarin, S
Limtong, P.
Sasaki, K.
2010 Apph Soil
Eiology
vol.46(1), P95-102
Vetiveria草による三種となる問題の土壌栄養塩の改良を試みた。0-30cmの土壌で、三種の土壌ともVetiveria草が微生物相を改善し、土壌の有機物、N、P、CaとS成分も改善することを明らかにした。
107 Improvement of relatively dry sandy soil of low nutrient content in Thailand using organic fertilizer Leaungtiviroj, C.
Takeno, K.
Sasaki, K.
Noparatnaraporn, N.
2010 J Soci Agric
Struct
vol.41, P29-37
貧栄養と高栄養土壌への有機コンポストと化学肥料での土壌中微生物相と栄養塩の改善を調べた。
コンポストは微生物を増大させ、有機物、水分、N、Pを増加した。特に貧栄養土壌ではトウモロコシ収量は208%、野菜は168%増大した。
108 コンポストによる水田のメタン発生抑制と乾燥砂質土壌の改良 Leaungtiviroj, C.
竹野 健次
新川 英典
佐々木 健
2010 環境技術学会
vol.39(9), P235-239
コンポスト投与による水田からのメタン発生抑制と乾燥砂土壌の改良を行った。水田からのメタン発生の大幅抑制と砂土壌改良によるトウモロコシと野菜の大幅収量増を認めた。コンポストで砂漠化防止に役立てる技術も論述した。
109 Metals related to radionuclides and heavy metals removal using photosynthetic bacteria immobilized recovery type porous ceramic Sasaki, K.Hara, C.Takeno, K.Okuhata, H.Miyasaka, H. 2010 Japanese J Water
Treatment Biology
vol.46 (3), P155-159
回収型多孔質セラミックに光合成細菌を固定化して放射性核種U、Co、Sr及びCu、Hg、Cr、Asの除去を検討した。U、Co、Srはそれぞれ82%、58%、95%除去された。Cu、Hg、Cr、Asもよく除去された。
110 Intlnence of pH, sucrose concentration and agitation speed on expolysaccaride production by Lactobacillus contusus TISTR1498 using coconut water as a raw material substitute Kuntiya, A.
Hammoungiai, P.
Techapun, C.
Sasaki, K.
Seesuriyachan, P.
2010 Maejo Internat
J. Sci. Technol
vol.4(2), P318-330
ココナッツミルク廃棄物を基質として、乳酸菌Lactobacillus confusesを使ってEPS(菌体外多糖)の生産を行った。pH、スクロース、撹拌速度のEPS生産に及ぼす影響を検討し、最大で30時間後に38.2g/LのEPSが生産できた。
111 活性汚泥再基質化条件と可溶化成分の関係 藤本 尚則
小堀 寿浩
溝口 隆
渡辺 圭太郎
佐々木 健
2010 日本水処理生物学会
vol.46(3), P155-159
アルカリ処理と汚泥磨砕機を組合せて活性汚泥の可溶化において、可溶化液の蛋白質の成分を分析し、活性汚泥中での生分解性について検討した。アルカリ濃度が高いと蛋白質濃度が上昇し、生分解性が高いことを明らかにした。
112 光合成細菌を用いたレブリン酸濃度, pHの最適化, および酸化還元電位の制御による5−アミノレブリン酸の大量生産 田中 亭西川 誠可渡辺 圭太郎田中 徹佐々木 健 2010 生物工学会誌
vol.88(12), P565-571
NTGで変異せたRhodobacter sphaeroides CR-720株による光照射を行わない状態での5-アミノレブリン酸(ALA)の生産を行った。CR-720株でORPを-150〜-100mVに制御した場合、52mMのALA生産が可能となり、ジャーファーメンターによる低コスト生産技術が確率された。
113 光合成細菌の排水処理, 農業, 医療への応用と機能性バイオマスとしての役割 佐々木 健 2010 温故知新
No.47, P68-78
これまでの光合成細菌を用いた排水処理、農業および医療への応用をまとめた総説。重金属除去などへの新しい応用についても論述している。また、光合成細菌菌体を新しい機能性バイオマスとして健康食品や家畜、ペット、動物へのサプリメントとして活用を提言している。
114 Development of new excess sludge reduction systeme with combination of alkaline solubilization and high speed mixer Fujimoto, T.
Mizoguchi, T.
Watanabe, K.
Sasaki, K.
2011 J.Japan Petroleum
Institute
vol.54(2), P57-65
アルカリ処理と高速撹拌ミキサーの組合わせで、低コストで活性汚泥50-90%を減容する我々の新規技術について、特性、問題点を解説した。
115 Enhancement of waterpurification ability bycombination of benthic animals, Trichoptera and reeds Phragmites Japonica or watercress, Nasturtium officinale Amakawa, T.
Yasumitu, Y.
Takeno, K.
Sasaki, K.
2011 Japanese J. Wather
Treatment Biology
vol.47(1), P43-49
ヨシやクレソンと底生動物を組合せることで、人工下水成分の浄化を促進させうることを室内実験的に証明した。実際の河川でのヨシや底生動物の存在で水質が改善されてゆく事実の検証となることが推定された。
116 アルカリ処理と高速撹拌ミキサーによる活性汚泥可溶化へ及ぼす金属イオンの影響と対策 藤本 尚則
奥濃 清貴
溝口 隆
渡辺 圭太郎
佐々木 健
2011 日本水処理生物学会
vol.47(2), P59-66
アルカリ処理と高速撹拌ミキサーの組合わせで活性汚泥を減容する際、CaやNaの存在で汚泥の可溶化率が低減することを見出した。しかし、凝集沈殿剤、PALの適量添加で可溶化率が回復することを明らかにした
117 ビタミン類添加による底泥の有機質の浄化 奥畑 博史
杉野 伸義
宮坂 均
森川 博代
竹野 健次
佐々木 健
2011 環境技術学会誌
vol.40(12), P737-743
松永湾沿岸干潟の底泥にビタミン類(ビタミンB、ニコチン酸、ビオチン)を添加すると、約240日後にCODおよび強熱減量が80%、70%に低減した。また、乳酸生成活性の強いヘドロと組合せて添加すると、最大64%まで強熱減量が減少した。
118 細菌で放射能汚染を浄化する−光合成細菌とセラミックによる放射性物質の回収 佐々木 健
原田 敏彦
大田 雅博
2011 化学
vol.66(7), P57-60
光合成細菌の新規変異株(SSI株)と廃棄ガラスから製造した多孔質セラミックとの組合せで、水中の放射性物質、特にセシウム、ストロンチウムを回収して放射性物質を除染できる技術開発を行った。
119 光合成細菌成分による放射性核種の除去と海水の浄化 佐々木 健
森川 博代
竹野 健次
2011 生物工学会誌
vol.89(3), P110-112
光合成細菌変異株(SSI株)と磁石で回収できるケイ酸系多孔質セラミックで、放射性物質を除去できる技術を解説した。さらに、光合成細菌の生産する5-アミノレブリン酸で海水中の藻類の増殖を促進することで海水を浄化する技術を解説した。
120 An X−linked body color gene of the Frog Rana rugosa and its application to the molecular analysis of gonaded sex differentiation Miura, I.
Kitamoto, H.
Koizumi, Y.
Ogata, M.
Sasaki, K.
2011 Sexual Development
vol.5(5), P250-258
岩国の白−黄カエルから性関連の色素遺伝子を初めて単離した。このW遺伝子は劣勢で、X−遺伝子とリンクしていた。このカエルからDmrt1とRspo1が発現し、生殖線の性分化マーカーがCyp17やCyp19より優先することを見出した。
121 Chemical oxygen demand reduction usin lactic acid formig bacteria to treat river mouth sediment Okuhata, H.
Miyasaka, H.
Miura, T.
Morikawa, H.
Sasaki, K.
2012 Japanese J. Water
Treatment Biology
vol.46(2), P1-7
6種類の乳酸菌を環境浄化剤、えひめAI、大阪湾ヘドロ(熟成ヘドロ)から単離した。大阪湾から単離したOb株は4週間で30.4%ヘドロのCODを分解した。えひめAIからのAa株は13.4%であった。Ob株はPaenibacillus motobuensisと同定された。
122 Practical removal of radioactivity from sediment mud in a swimming pool in Fukushima, Japan by immobilized photosynthetic bacteria Sasaki, K.
Morikawa, H.
Kishibe, T.
Mikami, A.
Hrada, T.
Ohta, M.
2012 Biosci.
Biotechnol
Biochem.
vol.76(4), P859-862
福島市中の放射能汚染された水泳プールの底のヘドロの放射性セシウムを約90%固定化光合成細菌SSI株で除去できた。水中には放射性セシウム、ストロンチウムはほとんど存在なかった。ヘドロの放射性セシウムはSSI株の表面マイナスチャージとカリウムポンプで取り込まれていると推定された。
123 Practical removal of radioactivity from soil in Fukushima using immobilized photosynthetic bacteria combined with anaerobic digestion and lactic and fermentation as a pretreatment Sasaki, K.
Morikawa, H.
Kishibe, T.
Takeno, K.
Mikami, A.
Hrada, T.
Ohta, M.
2012 Biosci.
Biotechnol
Biochem.
vol.76,submitted
福島の放射能汚染された土壌の放射性セシウムを嫌気消化と乳酸発酵で前処理し、固定化光合成細菌で処理する組合わせを考案した。土壌の約70%の放射性セシウムの除染に成功した。
124 Simulation removal of cesium and strontium using a photosynthetic bacterium,Rhodobacter sphaeroides SSI immobilized on porous ceramic made from waste glass Sasaki, K.
Morikawa, H.
Kishibe, T
Takeno, K.
Mikami, A.
Hrada, T.
Ohta, M
2012 Japanese J. Wather
Treatment Biology submitte
光合成細菌Rhodobacter sphaeroides SSI株を廃棄ガラスから試作して多孔質セラミックに固定化し、水中のセシウム、ストロンチウムの同時除去を行った。1L当たり4個のセラミック投入で3日間でセシウム約100%、ストロンチウム約60%の除去回収が可能であった。屋外1tonタンクの実証試験でも同じ結果を得た。

U バイオマスリサイクルシステムおよびバイオシステムの構築

No. 学術研究論文名 著者名 発行又は
発表の年月日
発行所、発表雑誌等又は
学会発表等の名称
概要
畜産廃棄物からのバイオマスリサイクルシステムの開発 佐々木 健
渡辺 昭三
江本 美昭
木谷 俊秀
浜岡 尊
1986 J. Nut. Sci.Vitaminol.
vol. 23, P179-185
豚舎廃液をメタン発酵し、生成するメタンガスで発電を行い、バイオマスを有効利用するシステムを効率よく運転するための基礎シミュレーションを実施し、本システムの運用の可能性を確認した。
粗悪なメタンガスによる自 動車用エンジンの燃焼に関する基礎研究(第一報 木谷 俊秀
渡辺 昭三
江本 美昭
佐々木 健
1986 自動車整備技術に関する研究報告誌
vol. 15, P24-30
自動車短大との共同研究畜産廃棄物から得たメタンガスでエンジンを駆動し、その動特性を検討した。44)の続報で、特に自動車用に改変するためにベンチュリー開発など、エンジンの改造手法について検討した。
豚舎廃液のメタン発酵をバイオガスエンジンの動力特性 佐々木 健
木谷 俊秀
江本 美昭
浜岡 尊
1987 農業施設
vol. 18(1), P38-46
豚舎廃液をメタン発酵し、生成するメタンガスでエンジンを運転した。ここではメタン発酵特性とガスの組成の関係、およびガス組成とエンジンの動特性の解明を行った。
粗悪なメタンガスによる自 動車用エンジンの燃焼に関する基礎研究(第二報 木谷 俊秀
渡辺 昭三
江本 美昭
佐々木 健
1987 自動車整備技術に関する研究報告誌
vol. 16, P66-72
バイオガスのうち特に粗悪なガスで自動車用エンジンを駆動するための問題点につき種々検討を行った。
広島カキの鮮度判定システム 浜岡 尊
佐々木 健
1990 養殖
vol. 27(2), P77-80
広島カキ鮮度を客観的かつ迅速的に見地することを目的として、カキのエラの呼吸活性(SDH活性)が鮮度と相関することに着目して、SDHとpHおよびアンモニア濃度の三項目で鮮度を20分以内に100点満点で表示しうるシステムを開発した。鮮度判定にはファジイ理論を用い、判定点数が専門家の官能による判定とほぼ一致させることに成功した。
ファジイ理論を用いた広島カキの鮮度判定システムの開発 佐々木 健
浜岡 尊
1992 日本ファジイ学会誌
vol. 4(1), P201-208
3年間にわたりカキのSDHおよびpHおよびアンモニア分析値と、ファジイ推論を用いた判定システム評価の結果をまとめ、本ファジイ判定システムが客観的な判定手法であることを確認した。
広島カキ鮮度判定システムの開発 佐々木 健
浜岡 尊
1992 マツダ財団研究報告会
vol. 4, P111-118
筆者らの種々の報告をもとにした総説で、ファジイ推論を用いた判定システムの開発について初期の技術から応用までは論述した。
Development of a system for judging the freshness of raw oysters from Hiroshima using fuzzy reasoning Hamaoka,
TSasaki, K
1992 Japanese J. Fuzzy Theory and System
vol. 4(1), P65-73
カキのSDH、pH、およびアンモニアを指標にして、カキの鮮度を判定しうるシステムを開発した。
ファジイ推論を用いた生カキの鮮度判定におけるチューニングとその有効性 佐々木 健
岩永 千尋
片山 裕次郎
浜岡 尊
1993 日本ファジイ学会誌
vol. 5(6), P1439-1449
ファジイ推論を生カキ鮮度判定に利用する際の前件部、後件部のチューニングを行い、より客観的鮮度判定が行いうるよう前報の技術の改良を実施した。
10 A tuning treatment and application of fuzzy reasoning to reshness judgment of Hiroshima raw oyster Sasaki, K
Iwanaga, C
Katayama, Y
Hamaoka, T
1994 Japanese J. Fuzzy Theory and Systemvol. 5(6), P1009-1019 ファジイ推論を用いてカキの鮮度判定を行う場合種々のチューニングを用いより客観的に判定ができるようにシステムの改良を行った。
11 ファジイ推論による生カキ  の鮮度判定 佐々木 健
岩永 千尋
浜岡 尊
1994 日本ファジイ学会誌
vol. 6(1), P14-23
生カキの鮮度判定におけるこれまでの4報をまとめた総説。
12 バイオとファジイ推論 佐々木 健 1994 食品工業
vol. 37(22), P33-46
バイオテクノロジー分野におけるファジイ理論の応用の現状と問題点を総説した。特に農業、食品分野の他に、発酵工業へのファジイ推論の応用について総説した。さらに医療部門へのファジイの応用についても論及している。

V 水質評価および水処理に関する研究

No. 学術研究論文名 著者名 発行又は
発表の年月日
発行所、発表雑誌等又は
学会発表等の名称
概要
光合成細菌による池水の浄化 佐々木 健
行武 道雄
1987 J. Nut. Sci.Vitaminol.
vol. 23, P179-185
光合成細菌を用いた養魚池の水質浄化について検討し、特に有機物(COD)除去に利用しうることを認めた。
池水の管理と光合成細菌(PSBについて 佐々木 健 1989 魚病研究会
研究報告書
vol. 4, P13-18
養魚池の水質管理のシステム化を目的として、固定化光合成細菌を用いた浄化試験を実施した。その結果、COD、NO3が効率よく除去しうる事を認めた。
広島近郊の名水の水質とパーソナルコンピュータによる名水判定 佐々木 健
岩原 正人
大槻 和男
丸山 誠
鈴木 洸次郎
1989 用水と廃水
vol. 31 (9), P804-811
広島近郊に分布する名水と言われる水の水質成分を調査し、それらが硬度の低い軟水である事を明らかにした。さらに、これらのデータをもとに名水の判定基準を種々設定し、実際の官能試験の結果に合致するようなパソコンプログラムを開発し、名水の度合いが100点満点表示できる事を示した。
食品工業廃液活性汚泥処理におよぼすサポニンの添加効果 佐々木 健
岩原 正人
鈴木 洸次郎
1990 広島電機大学
広島自動車工業短期大学研究報告
vol. 23, P129-137
食品工場廃液を活性汚泥法で処理するにあたり、サポニンを少量添加する事でMLSS,処理水CODを大きく低減する事ができた。
光合成細菌による閉鎖性池水の浄化と脱窒による硝酸イオンの除去 佐々木 健
橋本 剛太郎
林 東
鈴木 洸次郎
1991 水処理技術
vol. 32 (6), P315-321
固定化光合成細菌を用いて養魚池などの閉鎖性池水を浄化する際の脱窒活性の重要性を主として検討した。脱窒による硝酸イオンの除去がCOD除去にも影響している事を明らかにした。
養魚池の水質と魚病 佐々木 健
橋本 剛太郎
1992 日鱗
vol. 91-12 (292), P24-31
養魚池の水質の魚病の関係をまとめ、養魚池の水質の浄化法、および養魚名水の水質について論じた。
広島の5名水 佐々木 健
西村 良司
荒谷 昌弘
1992 日本地下水学会誌
vol. 34 (1), P45-52
広島地区の典型的な名水のうち5つを選び、その地下水学的、水文学的特徴を論じた。水質と土質との関係も論述した。
厳島(宮島の名水 佐々木 健
西村 良司
荒谷 昌弘
1992 安芸
vol. 11, P4-22
宮島全域の名水調査を1年間継続し、その水質について論じた。特に土質と水質および自然林の保全と水質の関係についても論じている。
広島の名水と食文化 佐々木 健 1992 けんみん文化
vol. 9 (3), P2-5
広島に広く分布する名水の水質と広島の食文化について論述した。上田宗箇流の茶道、もみじまんじゅう、お好み焼きなどはミネラル分の低い軟水で成り立っている事を、水質分析値を基に考察した。
10 藻類培養試験を用いた簡易名水判定法の開発 佐々木 健
小野 真弓
片山 裕次郎
渡辺 昌規
岩永 千尋
鈴木 洸次郎
1994 広島電機大学
広島自動車工業短期大学研究報告
vol. 27, P131-138
名水で馴養藻類培養液を種々の名水や汚染された水に接種し、その増殖を見る事で名水の度合いを評価する方法を開発した。藻類のよく増殖する水は有機物が多く、名水では藻類の増殖は少なく、この手法で化学分析を行うことなく、名水の度合いが推定できる可能性を示した。
11 水質化学成分と官能検査によるおいしさとの相関 佐々木 健
岩永 千尋
渡辺 昌規
鈴木 洸次郎
浜岡 尊
近藤 進
1996 日本農芸化学会誌
vol. 70 (10), P1103-1116
種々の名水、湧水、河川水の分析ときき水の結果を重回帰分析による解析を行った。その結果、厚生省おいしい水の要件による名水判定の妥当性を確認した。
12 ファジイ推論を適用したおいしい水の判定 岩永 千尋
佐々木 健
1996 日本水環境学会誌
vol. 19 (3), P209-219
厚生省おいしい水の要件にもとづき、ファジイ推論を用いて名水判定を行うプログラムを開発した。本法によると官能試験によるきき水と、パソコン判定がよく一致し、相関係数は0.849**を得た。
13 広島の名水と食生活 佐々木 健 1996 広島文教食物栄養研究会雑誌
vol. 14, P22-28
広島地方に分布する名水の水質について解説した。さらに、我々が用いているファジイ推論による名水判定法について詳述した。これら、軟水の名水と広島の食生活との関わりを水質化学的立場から解説した。
14 おいしい水の科学 佐々木 健 1996 MRC News (食品膜技術懇談会誌)
vol. 16, P116-122
近年注目されているおいしい水の評価方法について、筆者らの行っている研究を総説した。全硬度有機物、鉄、重炭酸イオンが水の味に大きく影響していることを示した。さらに、最近、進歩の著しい膜利用浄水装置について検討した結果と、食品工業、醸造工業における水質浄化膜利用の現状と問題点について解説した。
15 瀬野川水系熊野川におけるツルヨシ群落と水質浄化について 保光 義文
松本 誠
佐々木 健
1997 水処理技術
vol. 38, P5-15
瀬野川支流熊野川に分布する葦(ヨシ)の水質浄化作用について、底生動物調査および水質化学分析の両面からの検証を行った。ヨシの分布する所では、Pollution index, PP indexともに低い値を示し、また、有機物の分析値も低下している事を認め、ヨシ群落が水質浄化に寄与している事を明らかにした。
16 ファジイ推論および重回帰分析による名水の判定 岩永 千尋
佐々木 健
1997 日本ファジイ学会誌
vol. 9 (3), P373-383
「厚生省おいしい水の要件」にもとづいて、先に重回帰分析により確立した名水判定と、ファジイ推論を適用することで、官能検査との相関ばかりでなく推論誤差も良好な結果が得られ、ファジイ推論による名水判定の有用性を確認した。
17 Evalution of the quality of water using fuzzy reasoning and multiple regression analysis Iwanaga, C
Sasaki, K
Hamaoka, T
1997 Japanese J of FuzzyTheory and System
vol. 9 (3), P291-306
16)の英語版、名水の判定について、ファジイ推論と重回帰分析の有用性について確認した。
18 パソコンによる名水判定と醤油醸造における水質 古林 万木夫
辻 安信
谷口 茂
佐々木 健
1997 日本醤油研究所雑誌
vol. 23 (2), P71-75
播磨地方に分布する名水の水質評価を行った。御所清水や揖保川水系伏流水はきわめて清冽な名水であった。このような高度の低い軟水でダシをとると、ミネラル水に比べ、グルタミン酸やイノシン酸溶出が促進され、味が引き立つ可能性を認めた。
19 おいしい水センサの開発 佐々木 健浜岡 尊 1997 電気学会論文誌 E
vol. 117-E (6), P302-305
おいしい水の定義について、我々の行っている重回帰分析およびファジイ推論による名水判定法を解説した。さらに、バイオセンサを用いて、名水、特に醸造用名水の判定を行う手法について電気化学的解析を行った。
20 名水の化学的成分と水質評価 佐々木 健 1997 BIOINDUSTORY
vol. 14 (5), P44-53
水質のより微妙な評価方法の確立を目的として、まず、重回帰分析およびファジイ推論でおいしい水が評価できることを示した。さらに、バイオセンサーを用いて、水質の評価を行うための原理とセンサー作動特性等基礎的な項目につき検討を行った。
21 錦鯉の飼育水と名水
  ―PSBによる池水の浄化―
佐々木 健 1997 日鱗
vol. 97-1 (353), P38-43
養鯉飼育水の水質の適正化、および浄化方法の確立を目的として、種々の養鯉水の水質化学分析を行った。さらに、我々が長年研究しているPSB(光合成細菌)を用いた池水の脱臭についても解説した。
22 名水と水質評価 佐々木 健
岩永 千尋
1997 日本醸造協会誌
vol. 92 (10), P698-708
名水のおいしさや水質の微妙な評価方法について著者らがこれまで行ってきた、重回帰分析およびファジイ推論による方法を総説した。さらに、醸造用名水の判別につき、バイオセンサーを用いた新しい手法につき解説した。
23 隠岐の名水 佐々木 健 1997 日本地下水学会誌
vol. 39 (4), P343-350
隠岐4島に分布する名水の調査を行った。大部分が硬度50 mg/l以下の軟水の名水であった。トリリニアダイヤグラム解析の結果、名水の全てが、海上より飛散する塩分の影響をうけている可能性が示唆された。
24 醸造用水質判定バイオセンサーシステムの開発 佐々木 健
岩永 千尋
竹野 健次
浜岡 尊
土屋 義信
1998 生物工学会誌
vol. 76 (2), P51-57
醸造用名水の判定システムの確立を目的として、固定化酵母を用いたフロータイプバイオセンサーを試作して、その作動特性を検討した。
25 美しい錦鯉を育てる養鯉池水の水質 佐々木 健
竹野 健次
渡辺 昌規
永富 寿
2002 水処理技術
vol. 43 (3), P117-123
美しい錦鯉を飼育している多数の養鯉池水の水質を調査した。その結果、野池は軟水であったが、展示池はほとんど硬度50-100 mg/lの中硬度水であった。
26 電磁鍋加熱中の水質変化 平塚 広
竹野 健次
渡辺 昌規
佐々木 健
2003 日本食品工学会誌
vol. 4 (3), P91-98
電磁鍋で水を加熱すると、硬度、pHが急速に上昇し、従来のガス加熱に比べ、水質が急速に変化することを見出した。これは、水由来のCa, Mgが鍋表面に付着し、急速加熱で再溶出するため、起こる現象であることを推定した。
27 Effect of the rate of temperature increase on water quality during heating in electro- magnetic and gas- heated pans Hiratsuka, H
Sasaki, K
2004 Biosci, Biotechnol.
Biochem.
vol. 68 (4), P927-930
電磁鍋で水を加熱する時に起きる硬度、pHなどの急激な上昇は、温度上昇速度と密接な関係にあり、上昇速度が大きいと、LPG、LNGガス加熱でも、これらの変化がおきることを認めた。
28 南部鉄瓶および外国製鉄瓶による水道水の加熱と水質変化 平塚 広
竹野 健次
佐々木 健
2004 日本食品工学会誌
vol. 5 (2), P105-111
南部鉄瓶で水道水を加熱すると、硬度、pHなどの上昇は認められなかったが、外国製鉄瓶で加熱すると、南部鉄瓶に比べ、硬度やpHの上昇が著しく、お茶のアミノ酸、タンニン酸溶出を阻害し、味覚を損なうことが明らかとなった。
29 電磁鍋の加熱による水質変化と調理への影響 平塚 広
竹野 健次
佐々木 健
2004 水処理技術
vol. 45 (7), P311-318
電磁鍋を急速加熱すると、硬度、pHの上昇など、水質が急速に変化することを明らかにした。この水質変化とダシの溶出について検討し、水質変化をした後の水質では、グルタミン酸やイノシン酸の溶出が阻害されたことを明らかにした。
30 Efficacy of electrolyzed waster as a primacy cleaning agent Fukuzaki, S
Hiratsuka, H
Takehara, A
Takahashi, K
Sasaki, K
2004 Biocontrol. Science.
vol. 9 (4), P105-109
電解整水器で調整したアルカリ電解水で、ステンレス表面のゼラチンの除去特性を検討した。50-80℃で温度上昇にともない、ゼラチン除去効果は増大し、純水よりもはるかに効率は良かった。酸性水はリン酸カルシウム除去に有効であった。
31 名水が興す地場産業 佐々木 健 2005 バイオサイエンスとインダストリー
vol. 63 (3), P48-49
広島に広く分布する排水の食品工業、自動車半導体産業への利用について解説した。特に、酒造、お好み焼き、ワサビなど広島特産の食品と軟水の関係を論じた。
32 Changes in water quality during heating in electromagnetic and gas heated pans and the relationship between water quality changes and tempe rature increase rate Sasaki, K
Takeno, K
Hiratuka, H
2006 Int. J. FoodScience. Technol.
vol. 41, 425-434
電磁鍋の水質変化に関するこれまでの研究の総説で、この水質変化が温度上昇速度に関係していること、温度上昇の大きいLNGガス加熱でも水質変化がおきること、水の硬度が高いほど、変化は大きいことなどをまとめた。
33 ヨシ原除去にともなう瀬野川の底生動物および水質への影響 渡辺 晃久
保光 義文
竹野 健次
佐々木 健
2006 環境技術学会誌
vol. 35 (8), P596-604
瀬野川支流熊野川の河川工事が底生動物におよぼす影響を調査した。工事後、一時的に底生動物がかなりダメージをうけたが、約6ヶ月で元の状態に回復し、水質化学分析も同じ傾向を示すことを明らかにした。
34 名水とは―名水鑑定の実際― 佐々木 健
竹野 健次
保光 義文
2006 水処理技術
vol. 47 (6), P269-278
名水とは何か。名水の水質はどのようなものかを筆者らの20年の水質分析の結果から解明し、まとめた。また、各業界で必要となる名水水質と高度名水鑑定の必要性を記述した。
35 名水井戸を掘ろう 佐々木 健
竹野 健次
保光 義文
2006 全国さく井協会誌
vol. 324 (10), P13-21
名水とは何か。名水の水質はどのようなものかを詳述した。さらに、名水の井戸をさく井する場合の高度名水鑑定の重要性と課題についても論述している。
36 小規模川床工事にともなう瀬野川の底生動物および水質の変化と回復 保光 義文
渡辺 晃久
竹野 健次
佐々木 健
2007 環境技術学会誌
vol. 36 (8), P214-219
瀬野川中流域での小規模河川工事の底生動物への影響を調査した。工事後、生物指標、PP、Piは一時的に悪化したが、約6ヶ月で、元の状態に回復することを認めた。
37 瀬野川水系熊野川における天然ヨシ原川床の水質浄化能力 保光 義文
竹野 健次
渡辺 晃久
新川 英典
佐々木 健
2007 環境技術学会誌
vol. 36 (8), P589-594
瀬野川支流熊野川において、天然ヨシ原河床の水質浄化能力について検討した。天然ヨシ原も人工水路実験と同じく、有機物、窒素、リンを同程度に浄化している事を明らかにした。
38 熊野川における生活排水、農業集落排水処理施設放流水の底生動物におよぼす影響及び天然ヨシ原川床による水質浄化特性 保光 義文
渡辺 晃久
竹野 健次
新川 英典
佐々木 健
2007 日本水処理生物学会誌
vol. 43 (2), P63-71
熊野川に設置された農業集落排水処理施設放流水の底生動物に及ぼす影響を14年間追跡調査した。放流水放出により、一時的に悪化したPP、Pi、Bi、種数は3年で回復し、特にカゲロウ目、毛し目が優先するヨシ原は、水質浄化能力が高いことを明らかにした。
39 瀬野川および熊野川の年間水質変化と水質特性解析 山岡 洋介
原 千尋
保光 義文
竹野 健次
佐々木 健
2008 環境技術学会誌
vol. 37(8), P586-591
熊野川、瀬野川の水質調査を1年間行った。上流の団地の生活排水で汚れた水が流下するうち、ヨシ原等で浄化される事を確認した。この時、スティフダイヤグラム解析は、有機物汚染で使えない事を明らかにした。
40 カキ殻を用いた活性汚泥の減量 楠 敏明
遠藤 睦巳
溝口 隆
竹野 健次
新川 英典
佐々木 健
2008 日本水処理生物学会
vol. 44(3), P169-174
カキ殻を焼き固めたアクアボールを入れた活性汚泥では、汚泥量が3割減少する事を見出した。アクアボール水抽出液でも同じ現象が起き、汚泥の呼吸速度が増大した。
41 底生動物による名水といわれる水の評価 佐々木 健
天川 卓也
竹野 健次
保光 義文
2009 環境技術学会誌
vol. 38(10), P727-734
底生動物による名水の評価を行った。名水にオビカゲロウやサイズの大きなヨコエビが第一優占で生息する場合、清らかな名水と判定しうる事、サワガニ、ナミウズムシ、ヘビトンボ、カミムラカワゲラが認められると、名水として判定しうる事を明らかにした。
42 ヒロシマの原爆献水の水質変化と環境変化 森川 博代
細川 雄一
高田 幸子
竹野 健次
佐々木 健
2011 環境技術学会誌
vol.40(11), P198-207
ヒロシマの原爆献水の22年にもおよぶ定点観測の中で、環境破壊による水質劣化が認められる例を示した。例えば自動車道開通により、融雪剤の使用が数年後に名水損失に結びついている例を明らかにした。
43 瀬野川における生物指標を用いた下水道整備の評価 天川 卓也
竹野 健次
保光 義文
佐々木 健
2012 環境技術学会誌
vol.41(1), P48-52
瀬野川で下水道整備が進むにともない、1998年から2005年の間水質改善が進行している事を明らかにした。汚濁指数は1/2、生物指数は約3倍、多様性指数は2.5倍、汚濁性生物比率は1/3程度に水質改善された。

W その他 教育関係

No. 学術研究論文名 著者名 発行又は
発表の年月日
発行所、発表雑誌等又は
学会発表等の名称
概要
Vitamin B12 and chlorophyll production by a photosynthetic bacterium growing on propionate media Nagai, S
Sasaki, K
1978 J. Nut. Sci.Vitaminol.
vol. 23, P179-185
光合成細菌を用いたビタミンB12やクロロフィル生産に関する基礎的な知見を明らかにしたもの。アメリカ、ペンシルベニア大の論文集。
2 Production of herbicides, 5-aminolevulinic acid by a photosynthetic bacterium, Rhodo- bacter sphaeroides Sasaki, K
Noparatnaraporn, N
Nishizawa, Y
Hayashi, M
Nagai, S
198 Annual Reports of IC Biotech.vol. 11, P375-378 光合成細菌R. sphaeroides Sによる除草剤成分ALAの生産における、菌体内ALA脱水素酵素およびALA脱水素酵素の挙動とALAの生産との関係を調べた。
3 Production of 5-aminolevulinic acid (ALA as a herbicide from swine waste by Rhodobacter sphaeroides Sasaki, K
Noparatnaraporn, N
Nagai, S
1989 Annual Reports of IC Biotech.
vol. 12, P397-400
豚ぷん尿消化脱離液に光合成細菌を作用させ、除草剤成分である5−アミノレブリン酸を生産することを認めた。また、大量に生成しうる可能性も認めた。
4 帝国海軍水蓄式大油槽 佐々木 健 1989 歴史読本
vol. 32 (15), P192-194
旧海軍が呉市広町に建造した水蓄式大油槽の建造技術史と広地区の地下水の歴史および現状を技術史的視点で論述した。
5 Production of -aminolevulinic acid by the repeated addition of levulinic acid in photosynthetic culture of Rhodobacter sphaeroides Sasaki, K
Noparatnaraporn, N
Nichio, N
Nagai, S
1990 Annual Reports of IC Biotech.
vol.13, P268-271
みかん外皮廃棄物のような農産廃棄物からALA生産することを目的とし、レブリン酸の逐次添加法を応用して、みかん外皮廃棄物から約15 mMのALA生産が可能であることを示した。
6 鋼の応用腐食割れに関する研究T$nbsp;ステンレス鋼の有機試薬による着色 鈴木 洸次郎
田丸 武好
大園 洋仁
河野 健次
佐々木 健
小田 奉剛
渡辺 昌規
1994 広島電機大学
自動車工業短期大学研究報告
vol. 34, P61-67
ステンレス鋼の表面をフェナントロリン等の有機試薬で着色することにより、鋼の応力腐食割れを早期に発見する方法について提案した。
7 Production of distiller malt from cultivated in Thailand Techapun, C
Poosaran, N
Pukrushpan, L
Watanabe, M
Sasaki, K
2001 広島国際学院大学研究報告
vol. 34, P61-67
タイ国で栽培された大麦によるウィスキー醸造が試験された。出来た麦芽は高い糖化力、アミラーゼ活性、低い麦芽損失を示し、ウィスキー醸造に適していると判定された。
8 バイオマスを利活用した木質防水トレーの研究 山嵜 勝弘
中村 格芳
佐々木 健
遠藤 敏郎
2006 広島国際学院大学研究報告
vol. 39, P47-53
プラスチックトレーの代替品として、間伐材の薄板を利用したトレーの防水機能強化を検討した。有機天然物の塗布により、機能増大が認められた。
9 クリヤー塗膜染色法によるリサイクル性に富んだ新規ガラスビン着色プロセス 山嵜 勝弘
中村 格芳
佐々木 健
遠藤 敏郎
2007 環境技術学会誌
vol. 36 (9), P660-664
クリヤー塗装した磨きガラスに塗膜染色を施す実験を行い、種々の染色を焼きつけすることで、染色性、退色性、光沢保持率、物理的性状を改善したリサイクルビンの試作に成功した。
10 Application of the Plackett Burman screening design to a linoar model, the effect of spices and herbs on the growth of Amylomyces sp. Biot 181, Rhizopas sp. Biot 232, Saccharomyces sp. Biot 81 Seesuriyachan, P
Sakayapinan, P
Techapun, C
Sasaki, K
2008 広島国際学院大学研究報告
vol. 41, P1-1
Plackett-Burman実験デザイン法を用いて13種のスパイスとハーブの微生物の生育に及ぼす影響を調べた。7種のスパイスとハーブがAmylomyces sp., Rhizopas sp.及びSaccharomyces sp.の増殖を阻害した。シナモンがSaccharomyces sp.の増殖を促進した。

Copyright 2012 bioRAHlab. All Rights Reserved