仕事中に上司に呼ばれ口臭で臭そうな顔をされた。36歳女性が効果を感じた口臭対策とは?

仕事中に口臭が気になると思っていたのですが、上司に呼ばれたため、口臭ケアをするタイミングなく狭いスペースで打合せをすることに…

自分でも口臭も気になっていたのですが、上司に嫌な顔をされたのがショックでした。直接「臭い」と言われた訳でありませんが、相手の態度などでなんとなくわかる時ってありますよね…そっちの方が割とダメージ大きい気がします。仕事に集中していたとはいえ、口臭を放置していたのは良くなかったなと思い知らされました!

そして、日頃から口臭ケアを行っていないと、大事なシーンを迎えた際に勝負に出れないな…と。口臭ケアはどんなタイミングでも、自分が気になった時にはすぐに行うべきだと痛感しました。

学生時代から口臭ケアを試しては期待する効果がない

口臭ケアは色々試しました。記憶の一番初めにあるのは、学生時代に発売されたフィルムタイプの口臭ケア商品。舌の上でサッと溶けてリフレッシュ!というのが魅力な商品でした。

当時は、ポケットに収まる口臭ケア商品が発売されたということで、割とみんなが持っていた気がします。フィルムタイプの口臭ケア商品は、一時的に爽やかな香りにはなりますが、根本の治療にはならず…。その後、タブレットタイプやマウスウォッシュなど一通り試しましたが、どれもフィルムタイプと同じような効果で一時的な対策に止まってしまい、イマイチだったように思います。

このような商品は、あくまでも一時的な効果を期待するものであって、手軽にサッと口臭ケアしたい時に有効な方法です。

効果的な口臭ケアは歯科へ通うこと

これまで色々な口臭ケアを試してきましたが、最も有効だったのは、“定期的に歯科へ通い、きちんと歯磨きをすること”でした。また、胃からくるニオイもあるので、大事な日はニオイが気になる食べ物を避けるなどの対策も必要です。

また、体調不良の時の口臭も気になりますので、日頃から体調管理にも気を使うことが大切。体と心と、口腔内が健康でなければ、口臭は無くならないと思います。私は、有効な歯磨きを実施するために、歯科矯正も行いました。

矯正によって、歯磨きがしやすくなったことで磨き残しが少なくなり、正しい歯磨きができるようになったのも、口臭予防につながっていると感じました。歯並びの悪い人は、歯科矯正をお勧めします。

口臭が改善すると、仕事中の会話に集中できる

口臭が気になる時には、人との距離を縮めることに抵抗があったので、なるべく距離を置いて話すことに集中していて、話の内容が入ってこない時が多々ありました。

口臭が気にならなくなれば、会話に集中することができるので、相手の方にも失礼のない態度で会話ができるようになりました。また、仕事中は割と近い距離での会話が必要とされますが、口臭が気になっていては集中して会話ができずに要点を逃してしまう可能性があるので、口臭が気にならない環境で仕事をする方が効率の良い仕事が期待できると思います。

あとは、夫との関係で、近づいて話ができるようになったことで、口臭が気になっていた時よりも仲良くおしゃべりできるようになりました。

仕事中の口臭に悩んでいる方へ

口臭は相手に不快感を与えてしまうものですが、相手に不快感を与えてしまう自分も否定してしまうことがあるので、ケアはきちんとしておきたい部分です。

今は、口臭対策用品が色々出ていますし、ネットでも対策を調べることができる時代です。口臭外来などの専門機関もあるので、自分で対策が取れないのであれば、利用するのも手だと思います。

自分や周りの方のためにも、しっかりと口臭対策を行って、爽やかな息で、爽やかな人間関係を構築しましょう!