起床時の口臭がキツイ!彼氏がキスをやめた23歳女性の口臭対策!

もともと家族から「起床時の口臭がキツイよ。」と言われることが度々ありました。そのため、自分でも気にして、歯磨きをきちんとしたり、マウスウォッシュを使う等して対策をしているつもりでした。

しかし、就寝中に口をあけて寝ていたことが原因で、なかなか思うように口臭コントロールができないでいました。ただ、彼氏や友人から直接的に指摘されたことはこれまでなかったため、口臭は朝だけで日常生活では上手にコントロールできていると思っていました。しかし、ある日彼氏とデートしたとき、キスをしようとしてきた彼氏が一瞬顔をしかめて、キスをやめたことがありました。

特に何かを言われたわけではありませんでしたが、おそらく口臭が気になったのだと思います。大変ショックを受け、それから至近距離で人と関わるときには、過剰に口臭を気にするようになってしまいました。

起床時の口臭対策で効果がなかった方法

①歯磨き:1日3回歯磨きをし、フロスもしましたがなかなか思うように口臭コントロールはできませんでした。私の場合は、就寝中に口をあけてしまう癖があったことや、もともとの唾液の量が少なかったということもあり、歯磨きだけでは改善しませんでした。

②マウスウォッシュ・ガム等:人と会う前には必ずマウスウォッシュをしたり、ガムを噛んだりしてみましたが、効果は短時間だったように思います。

③水を一定時間口に含んで捨てる:ネットで効果があると話題だったためやってみました。たしかに、口腔内のヌメヌメとしたものとれてスッキリするような感じがあるのですが、これも一時的な効果でした。また、ニンニクを食べたあとには効果が薄かったように思います!

起床時の口臭対策に最も効果があった「いびき防止テープ」

最も効果があったのは、夜寝る前に口の部分にいびき防止用のテープを貼ったことです。私の場合は、就寝中に口がひらきっぱなしになっており、口腔内が乾燥してしまい、唾液の分泌が低下したことが原因で口臭に悩まされていました。

歯科医に相談したところ、いびき防止用のテープを貼れば、夜間に口がひらかないので、口臭がおさえられるのではないか、とアドバイスをいただきました。実際にやってみたところ、想像以上に効果が出ました。

もちろん、毎日の歯磨きやマウスウォッシュは継続していますが、いびき防止用テープのおかげで、唾液の分泌量増え、口臭を気にせず過ごすことができるようになりました。テープは息苦しくないですし、起きたときに痕がつくこともほとんどないのでおすすめです。

起床時の口臭を気にせずに彼氏とキスできる幸せ

やはり一番嬉しかったのは、彼氏といつでもキスができるようになったことです。そして、彼氏からキスしてくれることが多くなったこともとても嬉しかったです。

また、私は普段人と関わる仕事をしていますので、自信をもってコミュニケーションをとることができるようになったことは、大きな喜びです。口臭が気になるときは、マスクをしてカバーしていたこともありましたが、今ではマスクを外し、思い切りの笑顔で対応することができています。

その上、友人との距離感にも変化がみられました。以前は、少しでも自分のパーソナルスペースに入ってこられると、口臭に気づかれるのではないかとびくびくしていましたが、今では顔を近づけて話すこともできるようになりました。

起床時の口臭は指摘されていないだけで臭い人は多いのでは?

女性でも口臭に悩んでいる人はたくさんおられると思います。また、たった一度指摘されただけで、そこまで口臭が強くないのにも関わらず過剰に気にしてしまうという人もたくさんいらっしゃると思います。

口臭の原因がわからないまま、やみくもに対策していてはなかなか改善が見込めないこともあるので、気になったら一度専門の医療機関で診ていただくのがおすすめです。

私の場合は、原因を明らかにしてからアプローチしていくことで、今まで長年悩んでいた口臭を短期間でコントロールすることができるようになりました。どうか諦めず頑張ってください。